池田末利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 末利(いけだ すえとし、1910年3月19日 - 2000年11月9日[1])は、日本の中国哲学者。

福岡県生まれ。大東文化学院卒、1936年広島文理科大学卒。1938-1941年北京大学に学ぶ。1955年「中国ニ於ケル祖先崇拝ノ溯源的研究、並ニソノ天・地神崇拝トノ関係」で東京大学文学博士広島大学文学部助教授、教授、1973年定年退官、名誉教授、大東文化大学教授、学長[2]。1979-1981年日本中国学会理事長。

著書[編集]

  • 『殷虚書契後編釈文稿』広島大学文学部中国哲学研究室 1964
  • 『中国古代宗教史研究 制度と思想』東海大学出版会 1981

訳注[編集]

記念論文集[編集]

  • 『東洋学論集 池田末利博士古稀記念』池田末利博士古稀記念事業会 1980

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年