伊達興宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊達興宗
Okimune Date.jpg
時代 明治時代から昭和時代
生誕 1906年明治39年)10月20日
死没 1947年昭和22年)7月2日
父母 父:伊達邦宗
小笠原長幹の娘・鞠子
貞宗
テンプレートを表示

伊達 興宗(だて おきむね、1906年明治39年)10月20日[1] - 1947年昭和22年)7月2日[2])は伊達氏32代当主。31代伊達邦宗の子。妻は小笠原長幹の娘鞠子。子に伊達貞宗

1919年(大正8年)3月、学習院初等科を卒業。1923年5月、父の死去により伊達伯爵家を継いだ。その後、東京農業大学に進学する。没後、夫人が伊達家の所有する家宝や土地、山林を勝手に売却するなど横暴な振る舞いをして、親族と争いごとに発展したとされ、世間で新伊達騒動と言われ注目された。

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年)p.55
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻では7月1日。
日本の爵位
先代:
伊達邦宗
伯爵
仙台伊達家第3代
1923年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)