伊達義広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊達義広
時代 鎌倉時代
生誕 文治元年(1185年
死没 建長8年9月23日1256年10月12日
または建長3年(1251年
改名 粟野次郎・入道覚佛
戒名 覚仏
官位 蔵人大夫・従五位下
幕府 鎌倉幕府
父母 父:伊達宗村
兄弟 時綱義広
政依
テンプレートを表示

伊達 義広(だて よしひろ、旧字体:伊達義廣、文治元年(1185年) - 建長8年9月23日1256年10月12日)または建長3年(1251年))は、鎌倉時代の武士。蔵人大夫、従五位下。伊達氏第3代当主。伊達宗村の次男。政依の父。通称は粟野次郎、入道覚佛。卒年は定かではなく、『伊佐早文書』では建長3年(1251年)、『伊達系図』では康元元年(1256年)9月23日[注釈 1]となっている。

概要[編集]

初代朝宗、2代宗村の頃まで、居城は伊達郡桑折郷の高子岡に築かれていたが、義広の代になって桑折郷の栗野大館(現福島県伊達市梁川町粟野)に居城を移したとされている。

祖父・朝宗、父・宗村双方の偏諱である「宗」の字が入っていないが、年代的に見て「義」の字は鎌倉幕府第2代執権北条義時から賜ったものと思われる[注釈 2]

承久3年(1221年)、承久の乱に家臣の原田某を遣わし、義時の子・北条泰時に従い宇治勢力と戦っている。

伊達氏伊達郡地頭職に就いていたが、他にも出雲国但馬国に地頭職を持っていた。これを継承したのが義広の兄である修理亮時綱で、但馬伊達氏出雲伊達氏の始祖となった。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 実際には、この日付の時にはまだ建長年間である(10月5日に改元)。
  2. ^ 今のところ確証はないが、兄の時綱が北条氏通字である「時」の字を使用している(賜っている)ことから可能性は高い。なお、のちの陸奥仙台藩伊達斉義は、それまでの藩主と同名になるのを避けるため、伊達氏の通字であった「宗」や「村」の使用を控え、「義」の字を2文字目に使用したが、この義広の1字を取ったものと思われる。

出典[編集]

[ヘルプ]