伊達宗綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊達 宗綱(だて むねつな、建長6年(1254年)? - 文保元年2月7日1317年3月20日)?)は、鎌倉時代の武士。伊達氏第5代当主。

伊達政依の嫡男。子に伊達基宗、伊達宗昌(彦二郎)、伊達行綱(瀬上五郎)がいる。通称は甲斐小太郎。

弟の伊達宗弘白石長俊の養嗣子となり、白石氏を称している。

なお、但馬伊達氏の伊達朝綱の息子にも同名の人物が存在する(通称は修理亮三郎)。