伊達宗村 (鎌倉時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊達 宗村(だて むねむら、承安3年(1173年)? - 建長3年10月3日1251年11月17日)?)は、伊達氏の第2代当主。初代当主伊達朝宗の次男で、母は結城氏。通称は次郎。官位は従五位下。別名は殖野為重と伝わる。子には時綱義広(3代当主)がいる。

生涯[編集]

父の朝宗築城と伝わる栃木県真岡市中村城には、伊達騒動を題材にしたNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」のモデルになった古木がある。この古木は現在遍照寺の境内にあるカヤの古木で、昭和29年に栃木県指定天然記念物となった。文治5年(1189年)、宗村が、父朝宗と共に源頼朝から奥州合戦における石那坂の戦いの恩賞として与えられた伊達郡・信夫郡に赴く際に「宗村公奥州征伐の凱旋記念樹」として宗村が植樹したとする謂れがある[1]

伊達氏の初代当主という説[2]もある。戒名は持国院殿念山道正大居士。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 遍照寺公式サイト「天然記念物 榧(かや) 」2017年8月14日閲覧。
  2. ^ 『伊佐早本系図』『駿河伊達文書』『藩翰譜』『百家系図稿』『諸系譜』『藤氏飯田系譜』「中村城、中村神社の伝承」など

関連項目[編集]