伊達尚宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
伊達尚宗
Date Hisamune.jpg
長谷川養辰「伊達尚宗像」
仙台市博物館蔵)
時代 室町時代戦国時代
生誕 享徳2年(1453年
死没 永正11年5月5日1514年5月28日
官位 従五位下大膳大夫
氏族 藤原北家山陰流伊達氏
父母 父:伊達成宗 母:大崎教兼の娘・慧厳院
兄弟 尚宗葛西宗清
正室積翠院上杉房定または上杉房実の娘?)
高宗(稙宗)留守景宗留守郡宗養子)、
久松丸、娘(最上義定室)

伊達 尚宗(だて ひさむね)は室町時代・陸奥国戦国大名伊達氏の第13代当主。第12代当主・伊達成宗の嫡男。

略歴[編集]

家の慣例により、室町幕府第9代将軍足利義尚より偏諱の授与を受けて尚宗と名乗る。

父から家督を相続した年代は詳しく分かっていない。これは、父の成宗が死没した年が詳しく分かっていないからである(伊達氏の史書では、1487年長享元年)説が有力なので、その前後に継承したと思われる)。

1490年延徳)2年には米沢城北方に位置する塩野毘沙門堂を再建している。

1494年明応3年)4月、伊達氏の領内で騒乱が発生したため、一時的に会津の蘆名盛高の下に避難した。復帰後は京都の放浪将軍・足利義澄を領内に迎え、これを擁護することで伊達氏の勢力を盛り上げようとしたが、失敗した。1514年(永正11年)5月5日、62歳で死去。嫡男の伊達高宗(3年後「稙宗」に改名)が跡を継いだ。