留守氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
留守氏
No image available.svg
本姓 1.藤原北家道兼流[1]
2.伊達氏
家祖 伊沢家景
種別 武家
出身地 陸奥国岩切城
主な根拠地 陸奥国
著名な人物 留守政景
凡例 / Category:日本の氏族

留守氏(るすし)は、日本氏族藤原北家道兼流を称した[1]。後に伊達氏より養子を迎え、江戸時代には水沢伊達家と呼ばれる。仙台藩一門第三席

概要[編集]

留守氏(鎌倉時代から戦国時代)[編集]

源頼朝奥州合戦後、陸奥国の留守職を務めた伊沢家景を家祖とし、家景の子・家元以降留守氏を称す。子孫は代々岩切城を拠点に活動したが、陸奥国内の大半が北条氏の所領となると留守職は次第に形骸化していく(ただし、北条氏の国守の地位も次第に形骸化していき、同国統治については引き続き留守氏が実務を担っていたとする説[2]もある)。

南北朝時代においては、当初は南朝方として活動し、元弘3年(1333年)9月北畠顕家より陸奥諸郡の奉行に任ぜられたが、建武3年(1336年)1月に顕家が義良親王を奉じて霊山へ移ると、他の奥州諸勢力と同様に北朝方に転じた。正平6年/観応2年(1351年)に観応の擾乱が勃発すると、留守家冬は足利尊氏方につき、岩切城に畠山高国を迎え入れて足利直義方の吉良貞家と戦うが、岩切城は陥落する。この敗戦によって留守氏は壊滅的打撃を被り、吉良方に加勢した国分氏に所領の多くを切り取られてしまった。これ以降、両者は宮城郡の支配権をめぐり長きにわたって争うことになる。

後に奥州探題大崎氏の介入を受けた留守詮家が切腹に追い込まれると伊達氏に救援を請うが、その代償として伊達氏から次々と養子を送り込まれ(14代郡宗・16代景宗・18代政景)、16世紀前半までには、次第に伊達氏の傘下へと組み込まれていった。

天正18年(1590年)、18代・留守政景小田原征伐に参陣しなかったため、奥州仕置によって留守氏は本領を没収され、以後は甥の伊達政宗に仕えた。

水沢伊達家(江戸時代)[編集]

文禄2年(1593年)、磐井郡二桜城主となっていた政景は、伊達姓を与えられ一門の家格に列した。この後、政景の家系は一関城主・金ケ崎城主を経て、寛永6年(1629年)政景の子・宗利胆沢郡水沢城主となり、以降幕末まで同地を治めたことから、同氏は水沢伊達家と呼ばれる。このため水沢伊達家の歴代当主を、伊達姓に復帰した政景からではなく宗利から数える場合がある。

政景の直系は4代・宗景までで絶え、その養子として仙台藩4代藩主・綱村の弟・村任が養子に入る。元禄8年(1695年)、村任が新設された中津山藩の藩主に就任すると、水沢領を涌谷伊達家から迎えた養子・村景に譲り水沢を離れ、これ以後は政景の来孫である村景の血統が当主を継ぐ。

幕末の13代・邦寧慶応4年(1868年)の戊辰戦争敗戦に伴い、水沢伊達家領が仙台藩から没収されたため失領する。翌明治2年(1869年)に邦寧は旧姓に復して留守氏を名乗る。同明治2年、居城の水沢城が胆沢県庁として使用されることになったため新政府に接収されたうえ、水沢伊達家家中は陪臣であるからとして帰農を命じられ、仙台藩の士族籍を得られなかった。このため、士分を保つために家中一同そろって北海道開拓に参加すべきとの意見が出されたが、邦寧は病身のため極寒の気候に耐えられないであろうとの判断から仙台に残留し、吉田元俶・坂本平九郎が家中200名を率いて石狩国札幌郡に移住した。この時、水沢伊達氏家中によって拓かれたのが平岸村(現・札幌市豊平区平岸)である。

系譜[編集]

歴代当主[編集]

  1. 伊沢家景
  2. 留守家元
  3. 留守家広
  4. 留守恒家
  5. 留守家信
  6. 留守家助
  7. 留守家高
  8. 留守家冬
  9. 留守家任
  10. 留守家政
  11. 留守家明
  12. 留守詮家
  13. 留守持家
  14. 留守郡宗 - 伊達持宗の五男
  15. 留守藤王丸
  16. 留守景宗 - 伊達尚宗の二男。郡宗の婿
  17. 留守顕宗
  18. 留守(伊達)政景 - 伊達晴宗の三男。水沢伊達家初代
  19. 伊達宗利
  20. 伊達宗直
  21. 伊達宗景
  22. 伊達村任 - 顕孝。伊達綱宗の二男。中津山藩主に転出
  23. 伊達村景 - 涌谷伊達村元の二男。村元は留守政景の玄孫
  24. 伊達村利
  25. 伊達村儀
  26. 伊達村善
  27. 伊達村福
  28. 伊達宗衡
  29. 伊達邦命
  30. 伊達(留守)邦寧 - 留守に復姓

系図[編集]

実線は実子、点線は養子。括弧内は水沢伊達家としての代数
藤原兼房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼仲宗円
 
 
 
兼信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊沢家景1宮城家業
 
 
 
留守家元2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家広3良弁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恒家4余目家政最家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家信5家継家藤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家助6家明家泰
 
 
 
 
 
家高7家任
 
 
 
 
 
家冬8持家
 
 
 
 
 
家任9家継
 
 
 
 
 
家政10家清(佐藤清拠の子)
 
 
 
 
 
家明11満家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
詮家12持家13尚家
 
 
 
郡宗14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤王丸15景宗16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕宗17佐藤景高大條宗家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[水沢伊達家]
伊達政景18(1)
高城宗綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗利19(2)天童重頼
 
 
 
宗直20(3)
 
 
 
宗景21(4)
 
 
 
村任22(5)
 
 
 
村景23(6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村明村利24(7)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村儀25(8)村福27(10)川崎伊達村賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村善26(9)宗衡28(11)景平景顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
邦命29(12)留守邦寧30(13)
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ a b 『余目氏家譜』
  2. ^ 佐藤秀成「奥州惣奉行と陸奥国統治」『鎌倉幕府文書行政論』吉川弘文館、2019年2月 P196-198・202-204・210-211.

参考文献[編集]

  • 利府町誌編纂委員会編 『利府町誌』 利府町、1986年3月。 NCID BN03544656 
  • 水沢市史編纂委員会『水沢市史』2 中世、水沢市史刊行会、1976年11月。全国書誌番号:77004016
  • 水沢市史編纂委員会『水沢市史』3 近世 上、水沢市史刊行会、1981年8月。全国書誌番号:81041700
  • 水沢市史編纂委員会『水沢市史』3 近世 下、水沢市史刊行会、1982年3月。全国書誌番号:82023490
史料
  • 『余目氏家譜』

関連項目[編集]