伊達政依

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊達 政依(だて まさより、安貞元年(1227年) - 正安3年7月9日1301年8月13日))は、鎌倉時代の武士。伊達氏第4代当主。

概要[編集]

伊達義広の次子で、子に宗綱親長[1](桑折氏祖)がいる。官位従五位下蔵人大夫建治元年(1275年)『造六条八幡新宮用途支配事』[2]によれば伊達氏は鎌倉に起居していたことが分かる。陸奥国梁川城主。仮名は伊達次郎、粟野蔵人。剃髪した後は入道願西と号した。戒名は東昌寺殿覚印願西大居士。

仏教の信仰が深く、京都五山鎌倉五山に倣って、東昌寺、光明寺、満勝寺、観音寺、光福寺を創建し、伊達五山(現在の北山五山)とした。東昌寺は伊達家最初の菩提寺である。

主な功績[要出典][編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『吾妻鏡』正嘉元年(1257)十月大一日壬午条。「御布施取(略)伊達左衛門藏人親長」
  2. ^ 国立歴史民俗博物館所蔵、『寒河江市史 大江氏ならびに関係史料』p.390

関連項目[編集]