小笠原忠脩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小笠原忠脩
時代 江戸時代初期
生誕 文禄3年12月25日1595年2月4日
死没 慶長20年5月7日1615年6月3日
改名 幸松丸(幼名)、忠脩
戒名 法性寺殿正甫宗中大居士
墓所 長野県松本市の御殿山
長野県松本市の広沢寺
官位 従五位下信濃守
信濃松本藩世嗣
氏族 小笠原氏(秀政系府中小笠原氏)
父母 小笠原秀政登久姫
兄弟 忠脩忠真敬台院保寿院忠知
松平重直忠慶長俊溝口政房原昌行
円照院
齢昭院長次
テンプレートを表示

小笠原 忠脩(おがさわら ただなが)は、江戸時代初期の武将信濃国松本藩の世嗣。官位従五位下信濃守徳川家康の外曾孫に当たる。

生涯[編集]

小笠原秀政の長男として下総国栗橋城にて誕生。元服の際、2代将軍・徳川秀忠から偏諱を受けて忠脩と名乗った。慶長12年(1607年)、出家した父から家督を譲られる。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では小笠原軍を率いて出陣したが、軍費に窮し、困り果てたと言われている。翌慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では父が小笠原軍を率いて出陣した。このとき、忠脩は松本城の守備を任されていたが、幕府に無断で出陣し、父と合流した。これは一つ間違えれば、家康の曾孫といえども許される行為ではないが、家康は処罰も恐れずに出陣してきた忠脩の勇気と決断力を大いに評価し、従軍を許したという。

天王寺・岡山の戦いで父と共に豊臣軍と戦うも討死した。享年22。

長男・長次が幼年であったため、小笠原氏の家督は弟・忠真が継ぐこととなり、忠脩の正室・円照院(亀姫)は家康の命で忠真に再嫁した。

系譜[編集]