植木直一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

植木 直一郎(うえき なおいちろう、明治11年(1878年3月29日 - 昭和34年(1959年7月8日)は、日本歴史学者法学者國學院大學名誉教授新潟県出身。

略歴[編集]

主な著書[編集]

  • 『日露交渉史』 神宮奉斎会、1904年
  • 『皇室の制度典礼』 小林川流堂、1914年
  • 『丸山正彦伝』 小林川流堂、1915年
  • 『御即位礼と大嘗祭』 小林川流堂、1915年
  • 『氏族制度時代の神社祭祀』 私家版、1927年
  • 『日本古典研究』 大明堂、1927年
  • 『皇室制度』 帝国神祇学会、1928年
  • 『即位礼と大嘗祭』 大明堂、1928年
  • 『承久殉難の五忠臣』 大明堂、1929年
  • 『御成敗式目研究』 岩波書店、1930年
  • 『神典古事記講話』 章華社、1934年
  • 『国民と日本精神』 青年教育普及会、1936年
  • 『現代語釈古事記』 非凡閣、1943年
  • 『古事記現代考』 皇国青年教育協会、1943年
  • 『古語拾遺新攷』 皇国青年教育協会、1944年
  • 『上代の勤労思想と生産・生活』 文松堂、1944年