裳着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

裳着(もぎ)は、平安時代から安土桃山時代にかけて成人を示すものとして行われた通過儀礼である。成人した女子にはじめてを着せるもの。年齢は一定しない。

裳を着せる役の者を腰結(こしゆい)と称し、徳望のあるものから選ばれる。また、日取りは吉日が選ばれ、裳の腰紐を結び、髪上げをする。また、「鉄漿親(かねおや)[1]」の立ち会いのもと、初めてお歯黒を付け、眉を剃り、厚化粧をして殿上眉を描く(引眉)。これ以降、小袖は白、は緋(ただし江戸時代以降は結婚まで引き続き濃紫)となる。

江戸時代以降、武家と庶民は男性同様元服と称し、年齢も、18-20歳位、または結婚と同時に行うようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 「鉄漿付け親(かねつけおや)」とも

関連項目[編集]