新勅撰和歌集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新勅撰和歌集』(しんちょくせんわかしゅう)は、十三代集の最初、通算で第九番目の勅撰和歌集。別名に宇治川集(うじがわしゅう)があるが、「宇治川」はその序詞となっている「もののふの八十氏河」から「武士(もののふ)」のことを意味しており、これは武家の歌を多く撰んだ一方で鎌倉幕府に遠慮して後鳥羽院順徳院らの歌を排除した撰者の藤原定家に対する非難の意味を込めたものである。

貞永元年(1232年)6月13日、後堀河天皇の下命を受けた定家が単独で撰出を開始。その直後に四条天皇譲位した後堀河は2年後に崩御してしまうが、その後も九条道家教実父子の後援で編纂事業は継続し、文暦2年(1235年)3月12日に完成し奏上。仮名序も定家筆。20巻、伝本によって歌数が違うが、1370首強ある。部立は四季(春秋二巻、他一巻)・賀・羇旅・神祇・釈教・恋・雑(恋・雑共に五巻)の順に並び、従来の二十巻の勅撰集において独立した巻を持った哀傷・離別の項目が無く、それぞれ雑歌・羇旅に吸収されている。

最多入集歌人は藤原家隆(43首)で、九条良経(36首)、藤原俊成(35首)、西園寺公経(30首)、慈円(27首)、源実朝・九条道家(共に25首)、飛鳥井雅経(20首)がそれに次ぎ、定家が庇護を受けた九条家・西園寺家の貴顕(公経は定家の義弟にして、関白九条道家の岳父である)の入集が目立つ。ほかに北条泰時ら武家歌人の歌もある。承久の乱後流刑地にあった大歌人の後鳥羽院と順徳院の歌は鎌倉に遠慮して除外されている。藤原家隆や源実朝を高く評価する傍ら、自身の歌の入集を最小限に抑えた定家の態度は興味深い。

新勅撰集は華やかな新古今調から一転して平明枯淡な趣向に走り、定家晩年の好みを窺わせる。その保守的な歌風は二条派に「実」として尊重され、中世和歌の手本となった。