安倍家任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
安倍家任
時代 平安時代中期
生誕 生年不明
死没 康平5年(1062年)?
別名 磐井七郎
氏族 安倍氏
父母 父:安倍頼時、養父:安倍良照
兄弟 良宗貞任宗任正任家任重任則任行任
有加一乃末陪藤原経清室)、
中加一乃末陪(平永衡室)、一加一乃末陪
秀任(小松小太郎)
テンプレートを表示

安倍 家任(あべ の いえとう)は、平安時代中期の武将安倍頼時の子。安倍磐井七郎家任とも。藤原清衡は甥にあたる。

叔父・安倍良照の養子となる。前九年の役では、養父・良照や父兄に従って活躍するが、その後出家し、兄・宗任らと共に大宰府に配流された。なお子・秀任は家任の死後に良照に養育されている。秀任は小松小太郎と称した。

秀任には祐任という一人息子がおり、子孫は戦国時代に小松黒沢氏となり、徳川家旗本・仙台藩士として近代に残ったという[1]

一説によると藤原泰衡の郎党で大河兼任の乱を起こした大河兼任は家任の兄弟・正任の4代後の子孫にあたるという(正任が兼任の高祖父)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「岩手県史」第一巻