安倍氏 (奥州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安倍氏
No image available.svg
本姓 安倍氏
家祖 安倍忠頼
種別 武家
出身地 陸奥国
主な根拠地 陸奥国衣川鳥海柵
凡例 / Category:日本の氏族

安倍氏(あべ し)は、平安時代陸奥国(後の陸中国)の豪族

出自[編集]

そのルーツは明らかでない。

  1. 神武天皇に殺された畿内の王長脛彦の兄安日彦をその始祖とする説。『平泉雑記』が伝える安倍氏自身の家伝によれば、安日彦の津軽亡命をもって安倍氏の発祥としている。「藤崎系図」にも同様の記述が見られ[1]、真偽は別にして安倍氏の後裔はそのような自己意識を持っていたことは確かである。ただし、長脛彦を出自に関連づけているのは、平将門藤原純友の後裔と称した武家が多数発生したのと同様に、武勇を尊んでの仮冒の結果とも考えられる[2]
  2. 奥州に下った中央豪族である安倍氏のいずれかが任地で子孫を残したとの説。秋田蝦夷の帰順を得た阿倍比羅夫につながる系図もある[3]。これを受けて、明治期に編纂された華族類別録で安倍氏の子孫は、土御門家等阿倍氏と同じ孝元天皇の皇子大彦命の後裔であると位置づけられている。また、鎮守府将軍安倍比高の後裔とする説がある[4]。更に陸奥権守の安倍忠良(忠好)が一族郎党と共に陸奥に下向してそのまま土着して俘囚たちを支持を受けて急激に勢力を広げたとする説もある[5]
  3. 奈良時代陸奥国に勢力を広げた阿倍氏から、陸奥南部の諸豪族が阿倍を冠した複姓(阿倍陸奥臣・阿倍安積臣、ほか)を賜与され支配関係を築かれたが、その子孫との説。ただし復姓下賜が奥州南部にとどまり奥六郡のような北部に及んだ例がないこと、奥州の安倍氏にはこのような復姓を称した伝承が全く伝わっていないことをもって否定する見解もある[2]
  4. 下総国猿島郡出身の安倍猨嶋墨縄の末裔とする説。安倍猿島朝臣は、宝亀4年(773年)に現地の豪族である日下部浄人が賜姓されたことに始まる。下総の日下部氏が賜姓されたのは、猿島郡が水陸交通の交点であり、その交通の要点となっていた日下部氏が征夷事業に協力的であったからであると考えられる[6]

「俘囚長」を巡る議論[編集]

安倍氏は俘囚長(俘囚の中から大和朝廷の権力によって選出された有力者)であったとの説が広く流布している。文献上では、康平7年の太政官符に「故俘囚首安倍頼時」との記載がある。

軍事貴族としての安倍氏[編集]

従来、安倍氏を東北地方の在地の土豪と捉え、前九年の役を中央による辺境支配への反乱と見る解釈が主流であった。しかし近年の軍事貴族研究の進展とともに、安倍氏を王朝国家特有の「兵(つわもの)」[7]と見る考え方が登場している。

関幸彦は、平氏や源氏、秀郷流藤原氏のような中央の貴族の末流の軍事貴族とは別にして、在地の土豪が中央の権力に従って軍事貴族化したものも存在したであろうと指摘し、安倍氏もこの中に含まれるのではないかと論じている。その傍証として関は、『陸奥話記』において安倍頼時が「大夫(五位の官位を持つ者の通称)」と呼ばれていることを指摘している。一方で、安倍忠良が陸奥権守に任命された記録を理由に、中央官人末流とする説もある[4][8]。また、元々は京都から下向した官人出身である安倍氏の祖先が現地の有力者(俘囚の末裔)の婿となってその勢力を引き継いだのが奥州の安倍氏の始まりで、在庁官人であった平永衡藤原経清が安倍氏の婿となってその勢力基盤を築いたのもそれと同じ構図であるとする説もある[9]。更に『陸奥話記』における安倍頼時の祖父安倍忠頼の逸話が古い形態とされる本には記されていないことから忠頼の実在性そのものを疑問視し、安倍氏の祖先が陸奥に住んでいた根拠はなく、安倍忠良が陸奥権守に任命されて息子の頼時らを連れて京都から陸奥に下向して、任期が終えた後も奥六郡に土着した新興勢力であったとする説も出されている[5]

工藤雅樹は、

  • 租税を納めず力役も務めなかったにも関わらず、朝廷側に何の動きもない
  • 毎年行われている程度の大赦安倍頼時が許されている
  • 北方の産物を陸奥守や鎮守府将軍を通して京都に送っていた
  • 前九年の役発生後に藤原行成の子で武人ではない藤原良経を陸奥守に任命している

などの理由から、安倍氏が奥六郡の範疇に収まっている限り、問題とすべきことではないと認識されていたとした[10]。また、在庁官人として実質的に鎮守府を掌握していたとも主張した[10]

概要 [編集]

安倍氏が奥六郡で勢力を誇るようになったのは、11世紀中葉のこととみられる[11]。宮廷貴族・平範国の日記である『範国記』の長元9年(1036年)12月22日条には、安倍頼時の父と見られる「安倍忠好(良)」が同日に陸奥権守に就任したことを伝える記事があり、合戦よりわずか15年ほど前には安倍氏が陸奥において国家に重用されていたことも窺える。

北上市国見山廃寺は10世紀中葉に建立されたが、その発展には安倍氏が関与していると見られる[11]

安倍頼時の次男・安倍貞任は厨川次郎を名乗り、厨川に本拠を置き、岩手郡の支配を担っていた[11]。岩手郡は北方や閉伊地方との交流の要地とされていたが、長男は盲目であったため、実質的な長男格の貞任が岩手郡に配置された[11]。なお、斯波郡稗貫郡に貞任の兄弟が配置されていないことを考えると、この2郡を含めた6郡うちの北部3郡を貞任が所管していた可能性が高いと考えられる[11]。また、前九年の役で戦いが行われたのはほとんどが奥六郡の南の磐井郡に集中しており、柵や地名も磐井郡のものが登場するため、磐井郡も安倍氏の勢力下にあったとされる[11]

安倍氏の主な柵はそれぞれ厨川柵雫石川の北側)、黒沢尻柵和賀川の北側)、鳥海柵胆沢川の北側)であり、9世紀の志波城が雫石川南岸、胆沢城が胆沢川南岸に造影されたことと反対となっている[11]。これは、河川を防衛線と見た場合、警戒すべき対象が9世紀の城柵は北の蝦夷であり、11世紀の安倍氏の柵は南の国府などの勢力であったことを示している[11]

安倍氏の柵は、鳥海柵跡の発掘調査を基にすると、胆沢城や、その系譜を引く胆沢城司や鎮守府将軍などの館と安倍氏の柵は明確に異なっており、古代集落の中から登場する在地有力者の居宅をベースに成立していたと考えられる[11]

前九年の役と安倍氏の滅亡[編集]

安倍氏は婚姻などによって勢力を拡大し、忠良の子、安倍頼時の代に最も勢力を広げた。安倍氏は奥六郡(現在の岩手県内陸部)を拠点として糠部(現在の青森県東部)から亘理・伊具(現在の宮城県南部)にいたる地域に影響力を発揮していた。しかし後に頼時が朝廷と対立し、源頼義率いる官軍との間で前九年の役が起こる。頼時は途中で戦死し、その後を子の安倍貞任が継いだが、仙北の俘囚主清原氏が度重なる頼義の要請に応えて参戦すると支えきれず安倍氏は敗れ貞任も戦死して安倍氏は勢力を失った。

頼時の三男・安倍宗任、五男・安倍正任はそれぞれ、伊予(のちに筑前宗像)、肥後に配流された。また、亘理(宮城県亘理町)の豪族で、安倍氏に加担して没落寸前となった、奥州の藤原氏当主・藤原経清の妻となっていた頼時の娘(有加一乃末陪)は清原武貞の妻となり、息子(後の藤原清衡)も武貞に引き取られ、養子となった。清原氏は安倍氏の地位を受け継いだが、後三年の役で滅亡し、清衡がその地位を継承して奥州藤原氏が興隆することとなる。

安倍氏の構造 [編集]

安倍氏の直系は、奥六郡の主要な地に一族の重要人物を配置すると同時に、藤原経清平永衡藤原業近(宗任の腹心)、散位・平孝忠(父は治安3年(1022年)〜長元元年(1028年)まで陸奥守を務めた平孝義、母は安倍忠良の娘で、散位と記されているので有位者であったと考えられる)、藤原重久、散位・物部惟正藤原経光藤原正綱藤原正元藤原頼久藤原遠久気仙郡の豪族・金氏下北半島八戸市周辺の在地豪族であった安倍富忠のように、安倍氏直系以外の人間(おそらく鎮守府官人の系譜に連なる人間[10])も「奥州安倍氏」を構成していた[10]

末裔[編集]

  • 奥州藤原氏の最後の当主・泰衡の次男秀安から良衡→信衡→頼衡と続いた後、頼衡嫡男・孝衡から安倍氏を名乗り、現代まで血筋が残っている。
  • 他にも、安倍貞任の子孫を名乗る津軽安東氏安藤氏、その後裔で戦国大名の秋田氏、安倍宗任の子孫を名乗る九州松浦党がいる。
  • 政治家の安倍晋三安倍宗任を祖とし44代目の末裔であるとしている[12]

系譜[編集]

凡例 縦の実線は実子、点線は養子。横の点線は婚姻関係。なお、兄弟の順番などについては異説あり。

忠頼
 
 
 
忠良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼時則任
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
良任貞任宗任官照正任家任重任則任行任藤原経清
 
有加一乃末陪
 

清原武貞
中加一乃末陪
 
平永衡一加一乃末陪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千代童子春童子安東高星
 
 
宗良仲任松浦実任秀任清衡刈田経元経光家衡真衡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟常
 
 
正衡清綱白石氏成衡
 
 
 
 
基衡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
男?秀衡十三秀栄樋爪俊衡隆義
(四男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国衡泰衡忠衡高衡通衡頼衡標葉氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時衡秀安安倍頼久泰高吉田泰行助衡敏衡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秀宗良衡
 
佐和子中野氏
 
 
 
 
 
安倍安助




安倍安兵衛
 
 


信衡


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

市子
 
 

頼衡
 
 
 
 
 
 
安倍孝衡
 
 
 
朝衡
 
 
 
秀政
 
 
 
孝晴
 
 
 
孝明

脚注[編集]

  1. ^ 「藤崎系図」(『続群書類従』巻第170所収)
  2. ^ a b 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  3. ^ 「安藤系図」(『続群書類従』巻第170所収)
  4. ^ a b 樋口知志『前九年・後三年合戦と奥州藤原氏』高志書院 2011年 ISBN 4862150888
  5. ^ a b 戸川点『平安時代の政治秩序』同成社 2018年 ISBN 9784886218162
  6. ^ 『常陸平氏』高橋修 2015年 戎光祥出版
  7. ^ 律令制には規定されていない軍事力で、地方で頻発する騒擾事件の鎮圧の為に用いられた一種の傭兵団。中世の武士とは異なり、土地の所有と支配にはさほどこだわらない集団であったとされる。
  8. ^ 川尻秋生『揺れ動く貴族社会(全集日本の歴史4)』小学館2008年 ISBN 409622104X
  9. ^ 入間田宣夫「系図の裏面にさぐる中世武士団の成立過程」峰岸純夫 他編『中世武家系図の史料論』上巻 高志書院、2007年 ISBN 978-4-86215-029-5
  10. ^ a b c d 『平泉藤原氏』工藤雅樹 2009年 無明舎出版
  11. ^ a b c d e f g h i 『前九年・後三年合戦と兵の時代』 樋口知志 2016年 吉川弘文館
  12. ^ 記者ログ(11/27):最長政権の「源流」”. 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS. 2020年5月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 高橋崇『蝦夷の末裔:前九年・後三年の役の実像』中公新書、1991年
  • 関幸彦『東北の争乱と奥州合戦』吉川弘文館、2006年
  • 樋口知志『前九年・後三年合戦と奥州藤原氏』高志書院、 2011年 ISBN 4862150888
  • 川尻秋生『揺れ動く貴族社会(全集日本の歴史4)』小学館、2008年 ISBN 409622104X

外部リンク[編集]

関連項目[編集]