平範国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
平範国
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 正四位下伊予守
主君 三条天皇後一条天皇
氏族 桓武平氏高棟
父母 父:平行義、母:致明娘
兄弟 範国、師季、行親
源章任娘
経方経章藤原良基
テンプレートを表示

平 範国(たいら の のりくに)は、平安時代中期の貴族桓武平氏高棟流、武蔵守平行義の子。官位正四位下伊予守

経歴[編集]

文章生から、三条朝長和4年(1015年蔵人所雑色に補されると、後一条天皇六位蔵人を経て、寛仁2年(1018年)頃には左衛門尉を努めている。その後、従五位下叙爵し、三河権守甲斐守と地方官を歴任した。

長元9年(1036年)3月に五位蔵人となるが、後一条天皇が崩御すると今度は新帝後朱雀天皇の五位蔵人に再任される(当時正五位下・右衛門権佐)。のち、後朱雀朝から後冷泉朝にかけて、美作守伊予守などの地方官を歴任し、長暦2年(1038年従四位下、長暦4年(1040年正四位下と昇進している。

日記『範国記』があり、蔵人正五位下右衛門権佐を務めていた長元9年(1036年)4月から12月にかけての記事が現存する。

官歴[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『御堂関白記』
  2. ^ 『小右記』
  3. ^ 『法成寺金堂供養記』『諸寺塔供養記』『諸寺供養類記』
  4. ^ 『左経記』
  5. ^ a b c 蔵人補任
  6. ^ a b 『春記』
  7. ^ 『栄花物語』巻36

参考文献[編集]