宗像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宗像(むなかた)とは、宗像市とその郊外の事を指す地名。

郊外の範囲も明確ではないが、飛鳥時代の宗像郡に鞍手郡北西部(宮若市西部・鞍手町)の範囲が古代の広域宗像である。古代の広域宗像の範囲は、宗像市郡と鞍手郡北西部(宮若市西部地域・鞍手町)と旧遠賀郡一部地域と東部糟屋郡古賀市新宮町)である。戦国時代の宗像とは現在の宗像市・福津市・遠賀郡の遠賀川より鞍手郡北西部と古賀浜を含む新宮海岸である(遠賀川以東の遠賀郡も豪族である麻生氏宗像氏との戦争後、宗像氏に従属していたため、支配地域として宗像と呼ぶこともあった)。ただし、歴史上では宗像氏の領土を指すことが多く、最後まで一貫して宗像氏の領土だったのは、宗像市と西郷の地を除く福津市と旧若宮町・旧宮田町北部・岡垣町遠賀町のごく一部である。

またこの地域は、古くから中国大陸朝鮮半島との繫がりは深く、貿易が活発だったことも有名である。