安倍富忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安倍 富忠(あべ の とみただ、生没年不詳)は平安時代の武将。陸奥国奥六郡の北方を領した俘囚長。安倍忠世の子で、安倍頼時の従兄弟とする系図がある[1]

解説[編集]

前九年の役では初め頼時に従って陸奥守源頼義らと戦う。しかし、1057年天喜5年)、頼義の「甘説」に応じて頼時に叛旗を翻し頼義方に寝返る。7月、説得に赴いた頼時を仁土呂志辺で奇襲し、その折りの重傷が原因で頼時は没した。「甘説」の内容は不明であるが、安倍一族分断の策の一環として、地領安堵、安倍氏後継、論功行賞の保証などとする見解が主流である。しかし、富忠に対する実際の保証の履行・論功行賞・その後の動向消息については不明である。

脚注[編集]

  1. ^ 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年

関連項目[編集]