愛姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

愛姫めごひめ、永禄11年(1568年) - 承応2年1月24日1653年2月21日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての女性。三春城主・田村清顕[1]正室於北(相馬顕胤の娘)の一人娘で、伊達政宗の正室。通称田村御前出家後の院号陽徳院[1]

生涯[編集]

天正7年(1579年)に数え年12歳で又従兄弟に当たる[2]伊達政宗の元に嫁ぐ。 ところが、自分の暗殺未遂事件には田村氏からの内通者の関与があったと疑った政宗によって、彼女の乳母は殺害される。他に多くの愛姫付きの侍女たちが死罪にされたため、一時夫婦仲が悪くなったと伝えられている。

その後、夫婦関係は修復に向かったと思われ、愛姫は京都聚楽第の伊達屋敷に移ってから、文禄3年(1594年)には五郎八姫松平忠輝室)を出産した。それから忠宗仙台藩2代藩主)・宗綱竹松丸と、政宗との間に4人の子をもうけた[3]

聚楽第の伊達屋敷に住むようになってからも、いわば外交官的役割で政宗に京都の情勢を知らせ、「天下はいまだ定まっておりませぬ。殿は天地の大義に従って去就をお決め下さりませ。私の身はお案じなさいますな。匕首を常に懐に持っております。誓って辱めは受けませぬ」という手紙を送っている。

慶長18年(1613年)に高田城の普請のために越後国にいた政宗から愛姫に送られた書状には、春秋の季節感や天然自然の草木、花鳥風月について、仏教の無常感を土台に語りかけている。「枕草子」や「徒然草」が引用され、「源氏物語」の「花宴」の一句で締めくくるなど、その文言は高尚である。夫婦仲が疎遠どころか、複雑な心象を伝える間柄であったことが分かる[4]

寛永13年(1636年)5月24日に政宗が死去した後、瑞巌寺雲居禅師の元で仏門に入り、落飾して陽徳院と称した[5]

承応2年(1653年)1月24日に86歳で死去した[6]。24日は政宗の月命日と同じであった。墓所は瑞巌寺に隣接する陽徳院[7][8]

遺言[編集]

愛姫は政宗や忠宗に対して、実家の田村家の再興をたびたび願い出ていた[9]。「陽徳院様御夢想之書付」によると愛姫は自ら繊細な仮名文字で「いろよきはなのえたをこそみる」(色良き花の枝をこぞみる)と記しているが、これは鮮やかな色をした花の枝振りを夕べ夢に見たというような意味で、包紙の上書きに孫の田村宗良をその母が身ごもった時に見た夢である旨が記されている[9]

忠宗は母の遺言を容れて、母の死の年に息子の宗良を当主として田村家を再興させた[6]

関連作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b 大島『シリーズ藩物語、一関藩』、P12
  2. ^ 愛姫から見て、父方祖母(田村隆顕室)・母方祖母(屋形御前。相馬顕胤室)がともに政宗の曽祖父である伊達稙宗の娘に当たるため。詳しくは伊達稙宗の項を参照。
  3. ^ 田村家には愛姫以外の子女がいなかったため、政宗との結婚の際、2人の次男を田村家の養子に迎えるという話がついていたが、次男の宗綱は16歳で夭折、後の竹松丸も夭折したため、田村氏の復興は2人の孫で忠宗の三男の宗良の代まで待つことになった。
  4. ^ 宮本義己「戦国「名将夫婦」を語る10通の手紙」(『歴史読本』42巻10号、1997年)
  5. ^ 政宗の17回忌前には彼女の命により、木造の政宗像が制作されたが、これは政宗の面影を伝える史料として貴重なものである。政宗の肖像画や像は、政宗の遺言に従って両目を入れて作られることになっていたが、この瑞巌寺の木像は「夫の本当の姿を残しておきたい」という愛姫の思いから、独眼となっている。
  6. ^ a b 大島『シリーズ藩物語 一関藩』、P15
  7. ^ 導師の雲居禅師も、愛姫について「家庭をよく治め、慈愛深く聡明な奥方であられました」と、愛姫の人柄について語る言葉を残している。また、瑞巌寺の尼僧姿の愛姫像も美しく、「愛姫=めごい(愛くるしい)姫」の愛称どおりだったようである。一時期はキリシタンでもあったという。かつては青葉神社の境内にある愛姫神社に祀られていたが、現在は本殿に合祀されている。
  8. ^ 昭和49年(1974年)の瑞鳳殿発掘調査により、夫・政宗の血液型はB型、息子・忠宗はA型であることが判明しているため、愛姫の血液型はA型かAB型であろうと思われる。
  9. ^ a b 大島『シリーズ藩物語 一関藩』、P14

参考文献[編集]