田村清顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
田村清顕
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正14年10月9日1586年11月19日
氏族 田村氏
父母 父:田村隆顕
兄弟 清顕氏顕
正室:相馬顕胤娘・於北
愛姫伊達政宗正室)
養子:宗顕(田村氏顕子)

田村 清顕(たむら きよあき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将陸奥国戦国大名田村氏25代当主。

生涯[編集]

田村隆顕の嫡男として誕生。父同様に英明な武将として知られ、父の死後、その跡を継ぎ当主となる。

佐竹氏蘆名氏に対抗するため、一人娘の愛姫伊達政宗の正室として嫁がせ、伊達軍の援軍を得ることで独立を保持した。伊達氏と正室の実家である相馬氏との領土問題では、佐竹義重岩城常隆を介入させ、伊達輝宗に圧力を加えて相馬義胤から丸森城を伊達氏に返還させる形で両者を和睦させた。これにより清顕夫人の関与があった事と結果的に田村、相馬両家が依然として伊達家からも保守的な独立状態であったことが示される。

清顕には愛姫以外に子供ができなかったため、天正14年(1586年)に清顕が没するとその後釜をめぐって田村家中、及び伊達家と相馬家の間で再び争いが起きた。その後、伊達政宗により、清顕の弟・氏顕の子である宗顕が後継とされた。