田村宗良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
田村宗良
時代 江戸時代前期
生誕 寛永14年4月19日1637年6月11日
死没 延宝6年3月26日1678年5月16日
改名 亀千代(幼名)→鈴木宗良→田村宗良
墓所 東京都港区高輪の東禅寺
官位 従五位下、右京亮隠岐
幕府 江戸幕府
陸奥岩沼藩
氏族 伊達氏鈴木氏田村氏
父母 父:伊達忠宗、母:三田村氏(ふさ)
正室:山口重如の娘・糸
建顕顕寛(三男)、顕始(四男)、顕晋(五男)、宗常(六男)、娘(永井直種正室)、他女子

田村 宗良(たむら むねよし)は、江戸時代前期の外様大名陸奥岩沼藩の初代藩主。

生涯[編集]

寛永14年(1637年4月19日陸奥仙台藩第2代藩主・伊達忠宗の三男として生まれる[1]。寛永16年(1639年)、父の命令で1,500石の仙台藩の重臣・鈴木元信の家系である鈴木氏の名跡を継ぎ、志田郡大崎を治めた[1]慶安2年(1649年)に元服して鈴木宗良と名乗る。

承応2年(1653年)、忠宗の生母である田村家出身の愛姫(祖父・政宗の正室)の遺言により田村家を再興し、栗原郡岩ヶ崎に1万石を与えられる。万治3年(1660年)に仙台藩主に幼少の伊達綱村が就くと、綱村より2万石加増され、同年12月に従五位下、右京亮に叙任された。また、伊達宗勝と共に綱村の後見となった。寛文2年(1662年)、名取郡岩沼に転封され、内分分家大名として岩沼藩の初代藩主となった。和歌や書をなし、人柄は温和であり人望を集めたが、気弱な一面もあったため才気活発な宗勝による専横を許すことになった。寛文10年(1670年)に隠岐守に叙任される。

寛文11年(1671年)、伊達騒動(寛文事件)に際して指導的役割を果たすことが出来ず、江戸幕府の命令によって連座処分により閉門に処された。寛文12年(1672年)に罪を許された。

延宝6年(1678年3月26日に江戸で死去した。享年42。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b 大島『シリーズ藩物語 一関藩』、P13

参考文献[編集]