松平乗孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平乗孝(まつだいら のりたか、延享2年(1745年) - 明和3年7月17日1766年8月22日))は、三河西尾藩の世嗣。初代藩主・松平乗祐の次男。官位は従五位下、主水正。

長兄が夭逝したため西尾藩嫡子として育てられ、宝暦8年(1758年徳川家重御目見、叙任した。しかし、家督を継ぐことなく明和3年(1766年)に22歳で早世した。代わって、弟の乗完が嫡子となった。