稲葉正知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲葉 正知(いなば まさとも、貞享2年(1685年) - 享保14年5月29日1729年6月25日))は、下総佐倉藩の第2代藩主、山城淀藩の初代藩主。正成系稲葉家宗家5代。

生涯[編集]

佐倉藩初代藩主稲葉正往の次男。正室は小笠原忠雄の娘。継室は今村氏の娘。子に稲葉正貞(長男)、稲葉正任(三男)、稲葉正房(四男)、娘(有馬孝純正室)など。官位は従五位下従四位下美濃守、丹後守、長門守。

貞享2年(1685年)、京都で生まれる。幼名は宇右衛門。長兄が早世したために世子となり、宝永4年(1707年)8月21日に佐倉藩主となった。この時、義弟の稲葉正佐(叔父、父の養子になっていた)に3000石を分与している。佐倉藩の藩政では交通路の整備などに尽力した。

享保8年(1723年)5月1日、山城淀藩に移封となる。享保14年(1729年)5月29日、45歳で死去し、跡を三男の正任が継いだ。法号は万祥院。墓所は東京都文京区千駄木の養源寺。