土井利意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
土井 利意
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文4年5月21日1664年6月15日[1]
死没 享保9年閏4月27日1724年6月18日
別名 利忠(初名)
戒名 霊応院殿前豫州大守謙室義静居士
墓所 東京都港区南麻布の天真寺
官位 従五位下縫殿助式部、式部少輔
山城守、伊予
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行
三河西尾藩
氏族 稲葉氏土井氏
父母 父:稲葉正則、母:毛利秀元の娘
養父:土井利長
兄弟 稲葉正往稲葉正倚稲葉正員稲葉正辰
稲葉正直土井利意稲葉通周稲葉正如
稲葉正佐、姉(堀田正俊正室)
妹(伊達綱村正室)、妹(松浦篤信正室)
妹(土井利知正室)
正室:土井利隆の娘、継室:某氏
初、幸、勝千代、縫殿助、曾与、待、清
養子:利庸千代

土井 利意(どい としもと)は、三河西尾藩の第2代藩主。刈谷藩土井家2代。

生涯[編集]

寛文4年(1664年)、老中相模小田原藩主の稲葉正則の七男として生まれる。延宝3年(1675年)に西尾藩主土井利長の養子となる。延宝9年(1681年)4月13日に利長が隠居したのにともない家督を継いだ。

宝永元年(1704年)10月9日に奏者番に任じられ、山城守に任官された。正徳3年(1713年)3月28日、寺社奉行を兼任の形で任じられた。藩政では徳川氏ゆかりの岡崎松応寺修理で功績を挙げた。また、貞享3年(1686年)には高家吉良義央と領地が隣接していたため、領地の境界線をめぐって争っている。宝永4年(1707年)の大地震(宝永地震)では大被害を受け、救済に努めている。

享保9年(1724年)閏4月27日に死去した。享年61。跡を養子の利庸が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 系図家譜』(愛知県図書館蔵)