松平為政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平為政
時代 江戸時代中期
生誕 延宝7年10月27日1679年11月30日
死没 享保4年9月9日1719年10月21日
改名 季政→正章→季白→誠明→正幸→為政
別名 主水→斎宮→帯刀
戒名 休祥院殿天心運大居士
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
氏族 大河内松平家
父母 父:浅野正氏 母:真清院(家女 村田氏)
養父:松平正朝
兄弟 為政、女(浅野氏備室)、女(松平信応室)
乗願院(松平正信の娘)
主水、六之助、正億、勝十郎
さい(秋元貞栄室)、はち、女

松平 為政(まつだいら ためまさ)は、江戸時代中期の旗本寄合)。正朝系大河内松平家2代。石高は3500石。

生涯[編集]

延宝7年(1679年)10月27日に旗本・浅野正氏の長男として生まれ、天和元年(1681年)12月1日に祖父である松平正朝の養子となる。天和2年(1682年)7月12日に家督を相続する。元禄4年(1691年)6月11日、初めて将軍綱吉に拝謁する。元禄8年8月5日に近習番、11月27日に小姓、12月18日に小普請となる。元禄15年(1702年)3月に小石川門番となるが、翌年11月に類焼したため免じられる。享保4年(1719年)6月25日に小普請組支配となる。同年9月9日に死去。享年41。

参考文献[編集]