松平正愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平正愛
時代 江戸時代中期‐後期
生誕 宝暦10年8月12日1760年9月20日[1]
死没 寛政2年3月4日1790年4月17日[2]
改名 友吉→帯刀→兵部→主水→求馬
戒名 泰賢院殿道誉徳音大居士
墓所 東京都豊島区駒込の蓮光寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
氏族 大河内松平家
父母 父:松平方政 母:かつ(松平正方の娘)
兄弟 正愛、某、まさ(酒井忠倪室)、あい
渡辺信綱の娘→戸田氏之の娘
大草高方の娘→つね(牧野惟成の娘)
養子:正卜

松平 正愛(まつだいら まさよし)は、江戸時代中期から後期の旗本寄合)。正朝系大河内松平家5代。石高は3500石。

生涯[編集]

宝暦10年(1760年)8月12日に松平方政の長男として生まれる。明和5年(1768年)6月6日に祖父松平正方が死去し、9月6日に嫡孫承祖する(父は病により廃嫡となっていたため)。安永6年(1777年)12月21日、初めて将軍家治に拝謁する。安永8年(1779年)5月18日から天明2年(1782年)5月17日まで小石川口門番を勤める。天明3年(1783年)1月11日に使番となり、12月18日に布衣の着用を許される。天明5年(1785年)8月23日、火事場見廻を兼ねる。天明6年(1786年)5月4日、小普請組支配となる。天明8年(1788年)8月16日、将軍の意に沿わないことがあったとして罷免される。寛政2年(1790年)3月4日に死去。享年31(公的には33)。子が無かったため、同族の旗本・松平正明の次男正卜が末期養子となり相続した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公的には宝暦8年(1758年)生まれとして届ける。
  2. ^ 寛政重修諸家譜』では3月16日とする。