大河内信久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大河内信久
時代 江戸時代中期
生誕 正保4年(1647年
死没 元禄9年8月17日1696年9月13日
改名 孫太郎→又兵衛
戒名 法雲院殿節岩道徹居士
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
氏族 大河内家
父母 父:大河内重綱 母:関氏盛の娘
兄弟 信久関久盛松平信義、秋之助、政真、女
黒田用綱の娘
信相関永張、女、栄光院(松平信連室)、女(丹羽長道室)、女(須田資生室)、女

大河内 信久(おおこうち のぶひさ)は、江戸時代中期の旗本大河内宗家15代。石高は715石。

生涯[編集]

正保4年(1647年)に大河内重綱の長男として生まれる。寛文7年(1667年)11月21日、書院番となる。寛文11年(1671年)5月に父が死去し、7月8日に家督を相続する。貞享元年(1684年)1月28日、幕府領となっていた越後高田に赴任し目付代を務める。元禄8年(1695年)8月28日に小十人番頭となり、12月18日に布衣の着用を許される。元禄9年(1696年)8月17日に死去した。享年50。

参考文献[編集]