戸田氏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
戸田氏之
時代 江戸時代中期
生誕 享保19年(1734年
死没 明和8年1月17日1771年3月3日
改名 豊太郎(幼名)、氏之
墓所 東京都文京区向丘の蓮光寺
官位 従五位下、河内守淡路
幕府 江戸幕府
美濃国大垣新田藩主(三河国畑村藩主)
氏族 戸田氏
父母 父:戸田氏房
正室:堀親蔵の娘
氏養之昌(次男)、娘(五島盛運正室)
娘(稲葉正令正室のち松平正愛正室のち堀田正貫継々々室)、娘(戸田信辰室)
テンプレートを表示

戸田 氏之(とだ うじゆき)は、美濃大垣新田藩三河畑村藩)の第3代藩主。大垣藩戸田家分家3代。

享保19年(1734年)、第2代藩主・戸田氏房の長男として生まれる。寛延2年(1749年)12月に従五位下、河内守に叙位・任官する。宝暦9年(1759年)に父が死去したため家督を継いだ。宝暦10年(1760年)12月4日、淡路守に遷任している。宝暦11年(1761年)6月27日には大番頭に任じられ、明和7年(1770年)3月4日まで在任している。

明和8年(1771年)1月17日に死去した。享年38。跡を長男の氏養が継いだ。