大河内久綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大河内 久綱(おおこうち ひさつな、元亀元年2月15日1570年3月21日) - 正保3年4月3日1646年5月17日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将徳川氏の家臣。大河内秀綱の子。兄弟に松平正綱がいる。室は相模国後北条氏遺臣・深井好秀の娘(龍泉院殿)。子に長泉院(酒井親炮室)、江戸幕府老中・川越藩主松平信綱、養子に大河内重綱がいる。通称は金兵衛。

生涯[編集]

元亀元年(1570年)、徳川氏の家臣・大河内秀綱の子として三河国にて誕生。三河大河内氏の一族で、大河内諸氏のうち臥蝶大河内氏の出自にあたる。

慶長15年(1610年)10月に家康へ仕官する。元和4年(1618年)9月13日には父・秀綱が死去すると家督を相続(武蔵国高麗郡710石)する。久綱は代官・勘定奉行として活躍した。関東地方幕府直轄領年貢に関する実務を扱い、寛永15年(1638年)に職を退いた。

江戸時代後期に編纂された系譜集『干城録(かんじょうろく)』には、以下のような逸話が記されている。子の松平信綱の所には、老中という職業柄多くの進物が届いていたが、それを父にふるまっていた。久綱は、その進物を少しずつ換金しており、あるとき貯まった貯金で具足を調えて信綱に返したので、信綱が大変驚いたということである。

関連項目[編集]