大久保忠俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
大久保 忠俊
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 明応8年(1499年
死没 天正9年9月26日1581年10月23日
改名 宇津忠俊→大窪忠俊→大久保忠俊
別名 新八郎、五郎右衛門(通称)
墓所 愛知県岡崎市竜泉寺町長福寺
主君 松平清康広忠徳川家康
氏族 藤原北家道兼流武茂氏庶流宇津氏→大久保氏
父母 父:宇津忠茂
兄弟 忠平忠俊忠員忠久忠行加藤景成妻、杉浦政次
正室坂部正利の娘
忠勝、忠政、忠吉、忠豊、忠益、忠直、忠岡、忠宗、女子(黒柳正利妻)、女子(蜂屋貞次妻)、女子(筧正則妻)、女子(大津時隆妻)[1]

大久保 忠俊(おおくぼ ただとし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将三河松平氏徳川氏)の家臣。宇津忠茂の子。蟹江七本槍の一人。名は新八郎、五郎右衛門とも。号は常源。妻は坂部正利の娘。子に忠勝らがいる。

生涯[編集]

明応8年(1499年)、宇津忠茂の子として誕生。弟に大久保忠員。当初の姓は「宇津」であったが、「大窪」を経て「大久保」を名乗った。

徳川家康の祖父・松平清康の頃から3代に渡って仕えた宿老で、徳川氏をよく支えた。家康の父・松平広忠松平信定によって岡崎城を追われた際には秘かに挙兵の準備をして信定を追放し、広忠を岡崎城に入城させ、後にも家康の独立などで活躍した。

蟹江城攻め・桶狭間の戦いなどに参戦。その後、剃髪して常源と号し、永禄6年(1563年)の三河一向一揆では岡崎城の防備に務めた。また、家康が一向宗の寺院破却を言い出した際、忠俊の懸命の功労により一向宗の門徒は全員無罪とし、浄珠院で面倒を見る事を認めさせた。

天正9年(1581年)、死去。

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 寛政重修諸家譜』巻第七百一