日下部氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日下部氏
Japanese Crest mitumori mokkou.svg
みつもりもっこう
三ッ盛木瓜
(但馬日下部氏の家紋
氏祖 彦坐王
狭穂彦王
表米親王?
種別 皇別
後裔 太田垣氏武家
八木氏(武家)
朝倉氏(武家)
橋本氏(武家)
岩切氏(武家)
日下氏?(武家)
海江田氏?(武家) など
凡例 / Category:氏

日下部氏(くさかべうじ)は、日本氏族のひとつ。

起源[編集]

起源にはいくつかの系統がある。

  1. 開化天皇の孫・若筒木王彦坐王の子)に始まる、但遅馬国造日下部君(『古事記』、『大日本史』)。
  2. 開化天皇の孫・狭穂彦王(彦坐王の子)に始まる、甲斐国造族の日下部直、河内の日下部連、穴戸の草壁宿祢。
  3. 孝徳天皇の孫・表米親王(日下部表米)に始まる、日下部宿禰の後裔(『朝倉始末記』)[1]

前二者の系統はいずれも彦坐王の後裔とされている。また若筒木王後裔説と孝徳天皇後裔説のどちらも表米以降の系譜はほぼ同じであるが、部民制度の成立を考えた場合にとくに孝徳天皇後裔説は疑問点が多いとされる[2]

また、雄略天皇皇后であり仁徳天皇皇女でもある草香幡梭姫が生活する資用に充てられた料地の管理等に携わった部民が、この皇后の名に因む(いわゆる名代部)とする説がある。そして、この部民は各地に配置されて屯田兵のような軍事集団の性格を持つものでもあったとされる。

くさかべ(日下部)の表記は、和歌の枕詞、「日の下の草香(ひのもと の くさか)」より生じた表記と言われる。同様の表記には「長谷の泊瀬」、「春日の滓鹿」、「飛ぶ鳥の明日香」などがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「日下部 クサカベ」 『姓氏家系大辞典』 第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2017-2027頁。全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/102 国立国会図書館デジタルコレクション  閲覧は自由
  • 太田亮 『姓氏家系大辞典』、上田萬年、三上参次監修 角川書店、1963年11月。 NCID BN01488361