日下部氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日下部氏
Japanese Crest mitumori mokkou.svg
みつもりもっこう
三ッ盛木瓜
(但馬日下部氏の家紋
氏祖 彦坐王
狭穂彦王
彦湯支命
表米親王?
種別 皇別神別
後裔 太田垣氏武家
八木氏(武家)
朝倉氏(武家)
橋本氏(武家)
岩切氏(武家)
私市氏(武家)
日下氏?(武家)
海江田氏?(武家) など
凡例 / Category:氏

日下部氏(くさかべうじ)は、日本氏族のひとつ。家紋は三ッ盛木瓜

起源[編集]

地域

「くさかべ」は部民制朝臣姓の氏のひとつであり、日部、#部(#は「日」の下に「下」)、日下部、草香部、草部、草加部、草下部、草壁、苅部、早部、久坂部、などの表記がある。名前の分布は日向国淡路国丹国和泉国陸奥国大宰府日下部氏、豊後国日下部連、筑後国草壁氏、河内国草刈部氏(尾張国日下部氏の祖先と言われる)、伊予国草部氏など、筑紫島から東北地方に渡り、犬養部の氏も同祖であるとされている[1]

起源

起源にはいくつかの系統がある。

  1. 饒速日命の孫・彦湯支命(比古由支命)の後裔。物部氏の一族。
  2. 火闌降命薩摩国隼人族の祖)の後裔で、犬養部と同祖の氏。
  3. 開化天皇の皇子日子坐王の後裔。因幡国で朝臣姓「草香部」を名乗った[2][注釈 1]
  4. 開化天皇の孫・山代之大筒木真若王彦坐王の子)に始まる、但遅麻国造族の日下部君(『古事記』、『大日本史』)。
  5. 開化天皇の孫・狭穂彦王(彦坐王の子)に始まる、甲斐国造族の日下部直、河内の日下部連。
  6. 仁徳天皇の皇子である大草香(おおくさか)皇子の後。
  7. 孝徳天皇の孫・表米親王(日下部表米)に始まる、日下部宿禰の後裔(『朝倉始末記』)[2]
  8. 大彦命の子・紐結命に始まる日下連。
  9. 若多祁命の子・田狭乃直に始まる伊豆国造族の日下部直。
  10. 天日和伎命の6世孫・保都祢命の末裔の日下部首。

2・3の系統はいずれも彦坐王の後裔とされている。また山代之大筒木真若王後裔説と孝徳天皇後裔説のどちらも表米以降の系譜はほぼ同じであるが、部民制度の成立を考えた場合にとくに4の孝徳天皇後裔説は疑問点が多いとされる[5]

また、雄略天皇皇后であり仁徳天皇皇女でもある草香幡梭姫が生活する資用に充てられた料地の管理等に携わった部民が、この皇后の名に因む(いわゆる名代部)とする説がある。そして、この部民は各地に配置されて屯田兵のような軍事集団の性格を持つものでもあったとされる。

くさかべ(日下部)の表記は、和歌の枕詞、「日の下の草香(ひのもと の くさか)」より生じた表記と言われる。同様の表記には「長谷の泊瀬」、「春日の滓鹿」、「飛ぶ鳥の明日香」などがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本書紀によれば、草香部漢彦は雄略天皇23年、星川皇子の乱の制圧の際、大伴室屋に河内三野小根の救済を願って聞き届けられたといわれる[2][3][4]
出典

参考文献[編集]

  • 太田亮日下部 クサカベ」 『姓氏家系大辞典 第2』《国立国会図書館デジタルコレクション》上田萬年三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2017-2027頁。全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/102  閲覧は自由
  • 太田亮 『姓氏家系大辞典』上田萬年、三上参次監修、角川書店、1963年11月。 NCID BN01488361