京都守護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京都守護(きょうとしゅご)は、鎌倉幕府役職の一つ。

最初は上洛時に、北条時政が任命され京都御家人を統率、洛中警護裁判を行い、朝廷と幕府の間の連絡の任に当たっていたが、承久の乱後に六波羅探題が設置されたことで消滅した。

歴代一覧[編集]

  1. 北条時政文治元年(1185年)11月 - 文治2年(1186年)3月
  2. 一条能保:文治2年(1186年)3月 - 建久8年(1197年)10月
  3. 一条高能:建久8年(1197年)10月 - 建久9年(1198年)9月
  4. 平賀朝雅建仁3年(1203年)10月 - 元久2年(1205年)閏7月
  5. 中原季時:元久2年(1205年)10月 - 建保7年(1219年)正月
  6. 伊賀光季:建保7年(1219年)2月 - 承久3年(1221年)5月
  7. 大江親広:建保7年(1219年)2月 - 承久3年(1221年)5月

なお、一条高能と平賀朝雅の間の時期について、近年発見された歴代の京都守護・六波羅探題の名前を記した『六波羅守護次第』には、(一条高能)-土肥実平牧国親五条有範中原親能里見義直-(平賀朝雅)と記されており、短期間に複数の京都守護が任じられていた可能性がある[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 熊谷隆之「六波羅探題任命考 -『六波羅守護次第』の紹介とあわせて-」(『史林』86の6(2003年))
  2. ^ 須藤聡「鎌倉期里見一族の動向と平賀一族」 (初出:『群馬歴史民俗』31号(2010年)/所収: 田中大喜 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第三巻 上野新田氏』(戒光祥出版、2011年)ISBN 978-4-86403-034-2