北条宗時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北条 宗時(ほうじょう むねとき、? - 治承4年8月24日1180年9月14日)は、平安時代末期の武将。父は北条時政。母は伊東入道の娘で、阿波局北条義時の同母兄に当たる。異母妹弟に北条政子北条時房ほか。通称三郎

 
北条 宗時
時代 平安時代末期
生誕 不詳
死没 治承4年8月24日(1180年9月14日
別名 北条三郎
主君 源頼朝
氏族 北条氏(自称・桓武平氏
父母 父:北条時政
母:伊東入道の娘
兄弟 政子時子義時阿波局時房稲毛女房政範畠山重忠室(後に畠山義純[注 1])、平賀朝雅室、三条実宣室、宇都宮頼綱室、坊門忠清室、河野通信室、大岡時親
テンプレートを表示

生涯[編集]

伊豆国豪族北条時政の嫡男として生まれる。

治承4年(1180年)8月17日、源頼朝平家打倒の挙兵時に、北条氏は兵力の中心を務め[1]、伊豆目代山木兼隆邸の襲撃に宗時は父時政、弟義時と共に、襲撃隊の先導役を務めている[2]

8月23日、頼朝軍300騎は相模国足柄下郡石橋山(小田原市)に陣を構え、大庭景親率いる平氏方3000騎と戦ったが大敗北した(石橋山の戦い)。翌24日、景親らは追撃の手を緩めず、頼朝軍は山中に逃げ込んだ。

土肥実平の進言により、分散して再挙を図るために、北条氏は頼朝と別行動を取ることとなった。時政と義時は箱根湯坂を経て甲斐国へ向かった。

宗時は山を降り桑原に降り[3]、伊豆国の平井郷(静岡県田方郡函南町平井)を経て、早河のあたりで平家方の伊東祐親軍に包囲され、小平井久重に射られて討たれた。

父時政は建仁2年(1202年)6月、夢のお告げがあったとして宗時の菩提を弔うため伊豆国北条に下向している。

函南町の函南駅の近くに宗時の墓がある。

異説[編集]

  • 歴史学者の坂井孝一は、宗時は時政の長男ではあったが政子よりは年下、すなわち政子は姉であったとする。坂井は政子が誕生したとされる保元2年(1157年)には父の時政は20歳であることや、弟の義時が長寛元年(1163年)生まれと時間差があることから、宗時は政子と義時の間に生まれた第二子と考えるのが妥当で、男子を列記した後に女子を記載する当時の系図の作成方法によって本来は政子の弟である筈の宗時が時政の第一子・政子の兄と誤認されるようになったとしている[4]。なお、宗時が没した治承4年(1180年)当時、政子が24歳、義時が18歳であるため、宗時がその間の子とすれば、ある程度まで年齢を絞ることができる。
  • 幼名を若王丸といい、16歳の時に出陣した戦場で右腕を切り落とされたため、家臣とともに信濃国安曇郡仁科氏領へ隠居し、同地で没したという伝説がある[5]。現在でも北条屋敷として地名が残り、若宮社として祀られている。

画像[編集]

関連作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 重忠の死後、重忠旧領と畠山の名跡は足利義兼の庶長子・足利義純が重忠の未亡人(時政女)と婚姻し、継承したというのが通説だが、異説として、義純が婚姻した女性は重忠の未亡人(時政女)ではなく、重忠と時政女との間に生まれた女性で、この女性が畠山泰国の母であるとの説もある。この説の場合、義純は重忠の娘婿で泰国は重忠の外孫にあたることになる[出典無効]

出典[編集]

  1. ^ 宗時の妹の政子が流人だった源頼朝の妻となったことから、北条氏は頼朝の平家打倒の挙兵の中心を務めた。
  2. ^ 源平盛衰記
  3. ^ この時、時政と宗時が別行動をとったことについて諸説ある。
  4. ^ 坂井孝一『鎌倉殿と執権北条氏―義時はいかに朝廷を乗り越えたか』NHK出版〈NHK出版新書〉、2021年9月10日 ISBN 978-4-14-088661-8 P45・48-49.
  5. ^ 信濃大町水物語