渡辺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渡辺(わたなべ)は、渡部(わたのべ)から転じた職業や渡し場に由来する。

概要[編集]

地名の渡辺は、中世摂津国旧淀川河口近くに存在した渡辺がもっとも有名である。この渡辺は渡辺津と呼ばれる港であり、現在の大阪市中央区の天満橋から天神橋の間辺りにあった。

また、「渡辺」のルーツで有名な神社が坐摩神社である。(社号は「いかすり」と読むが、通常は「ざま」)現在地の住所は大阪府大阪市中央区久太郎町四丁目渡辺3号と言うが、1988年の地名変更まではここを渡辺町と言っていた。渡辺の名のルーツが消えるのに反対する運動が渡辺姓の末裔の間で起こり、結局は丁目○番○号の○番の部分に渡辺の名が用いられることになった。

  • 大阪府大阪市中央区久太郎町四丁目1番、2番、3番、渡辺の順で街区符号が設定されている。

渡辺一覧[編集]

関連項目[編集]