勘解由小路家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勘解由小路家(かでのこうじ、かげゆのこうじ、かげゆこうじ け)は、日本の氏族の一つ。今日日本の戸籍に記載されるでは最長のものである。

漢字5文字からなるこの苗字家名)は、埼玉県に存在する左衛門三郎家と並び、日本では最長である。由来は平安京勘解由小路である。現在確認されているのは山口県に1軒のみ(藤原北家日野烏丸流、元子爵家)。

主なものでは、藤原氏系と賀茂氏系の2流があり、両者は全く別系統である。

なお、南北朝が合体した明徳の頃から永正の頃までの約100年間に文献に現れる「勘解由小路左衛門督入道」(斯波義将)や「勘解由小路武衛」(斯波義重斯波義淳ら)などと呼称されるのは、勘解由小路に本邸(武衛陣)を置いた斯波氏の当主である。この場合、ほぼ「勘解由小路武衛」もしくは「勘解由小路◯◯入道」などと呼ばれ、逆に「勘解由小路卿」や「勘解由小路◯位」と単独で呼ばれることはほとんど無い。

藤原氏系 勘解由小路家[編集]

歴史的には、藤原氏で勘解由小路を号した家系には以下のものがある:

  1. 藤原北家白河流 - 藤原伊尹の子孫経尹行尹と続き、行尹が勘解由小路を号したとある。
  2. 藤原北家勧修寺流 - 為房為隆光房(勘解由次官)と系図に記され、さらに子孫高清(勘解由小路)とある。
  3. 藤原北家日野氏流 - 日野資長兼光頼資(勘解由小路)とあり、頼資の子経光兼仲と続く嫡流は後に広橋と号した。
  4. 藤原北家日野烏丸流 - 烏丸光広-(勘解由小路)資忠と見える。

本項では 4. について記述する。


勘解由小路家
(藤原氏)
家紋
鶴丸つるのまる[1]
本姓 藤原北家日野流庶流[2]
烏丸庶流[2]
家祖 勘解由小路資忠[2]
種別 公家名家
華族子爵[2]
出身地 山城国京都
主な根拠地 山城国(京都)
東京府
東京都
山口県
凡例 / Category:日本の氏族

勘解由小路家(かでのこうじ け)は、藤原北家日野流烏丸家の分家にあたる堂上家[2]

正保元年(1644年)、烏丸光広の次男資忠によって創立された。家格名家儒道家学とし、家禄は130[1]

雲上明鑑に、「始祖は烏丸権中納言豊光六代正二位権大納言光広の末男正三位参議資忠なり」とある。門流近衛殿

明治維新後は華族令施行により資生子爵として華族に列せられた。

華族としての最後の当主は資承。なお、資淳を養子に迎える際、一度武者小路実篤の養子にしてから勘解由小路家に迎え入れた。現在は山口県に在住している。

藤原氏系(日野烏丸流)の歴代当主[編集]

藤原氏系(日野烏丸流)の系図[編集]

藤原氏系(日野烏丸流)の幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の勘解由小路家(藤原北家)領は以下の通り。(2村・130石)

  • 山城国相楽郡菅井村のうち - 50石
  • 山城国相楽郡千童子村のうち - 80石

賀茂氏系 勘解由小路家[編集]

勘解由小路家
(賀茂氏)
No image available.svg
?
本姓 賀茂氏(賀茂朝臣)嫡流
家祖 勘解由小路在貞
勘解由小路在長
種別 公家
出身地 山城国京都
主な根拠地 山城国(京都)
著名な人物 勘解由小路在富
賀茂在昌
凡例 / Category:日本の氏族

陰陽道宗家のひとつ。天文道を伝える安倍氏に対し、暦道を伝えるのが賀茂氏である。本来、賀茂氏は安倍氏の師匠筋であり、平安時代にあっては安倍氏より優位にあった。室町時代賀茂在方の子在貞在長(在豊・在成とも)が勘解由小路を称した。

戦国時代の終わり在富の没後には嗣子がなかなか決まらず、安倍氏土御門家から養子を入れて辛うじて存続した[3]ものの衰退し、安土桃山時代キリシタンとなって豊後府内に留学していた在富の息子賀茂在昌が帰洛して陰陽頭を嗣いだ[4]ことによって一旦は相続問題解消したと思われたが、江戸時代初期、賀茂在昌の息子と思われる勘解由小路在信[5]の代に至って消息不明となり断絶した。

江戸時代に賀茂氏の庶流である幸徳井家[注 1]が台頭し、安倍氏の嫡流である土御門家とともに陰陽道の管理を任されたが、土御門家との争いに負けて再び衰退した。

賀茂氏系の人物[編集]

(在長流)

賀茂氏系の系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 男系では元来安倍氏の系譜。江戸初期の当主・幸徳井友景柳生宗厳の甥であり、幸徳井家の養子となった。『幸徳井世系考訂本』によると、安井永順の子で柳生宗厳の養子とある。

出典[編集]

参考文献[編集]

(所載:海老沢有道 『増訂 切支丹史の研究』 新人物往来社〈日本宗教史名著叢書〉、1971年、296-309頁。 

関連項目[編集]