多嘉王妃静子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多嘉王妃静子
続柄 水無瀬忠輔第一女子
身位 王妃皇籍離脱
敬称 殿下皇籍離脱
出生 1884年9月25日
死去 (1959-09-27) 1959年9月27日(満75歳没)
京都府京都市
配偶者 多嘉王
子女 発子女王
賀彦王
珖子女王
恭仁子女王
家彦王
徳彦王
父親 水無瀬忠輔
母親 東園富子
テンプレートを表示

多嘉王妃静子(たかおうひ しずこ、1884年明治17年)9月25日 - 1959年昭和34年)9月27日)は、日本皇族久邇宮朝彦親王の第五王子多嘉王の妃。子爵水無瀬忠輔の長女。母は東園基敬の娘・富子。久邇洋裁学校創設者。

略歴[編集]

1907年(明治40年)に多嘉王と結婚し、発子女王賀彦王珖子女王恭仁子女王家彦王徳彦王の三男三女をもうける。1937年(昭和12年)多嘉王と死別。

1947年(昭和22年)10月14日に皇籍離脱し、以後は久邇静子と名乗る。離脱後、京都市上京区河原町荒神口に久邇洋裁学校を設立。

1959年(昭和34年)に75歳で逝去。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7106号「叙任及辞令」明治40年3月11日、249頁。
  2. ^ 『官報』第3411号「叙任及辞令」大正13年1月9日、53頁。