梨本徳彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梨本 徳彦
龍田伯爵(1943年 - 1947年)
続柄 多嘉王第三男子
身位 臣籍降下
敬称 殿下→臣籍降下
His Imperial Highness
お印 鳳凰
出生 1922年11月19日
京都府京都市
死去 (2007-02-07) 2007年2月7日(満84歳没)
配偶者 久邇正子(正子女王、1945年 - 1980年離婚)
子女 龍田徳久
龍田豊子
龍田鑑代子
父親 多嘉王
母親 多嘉王妃静子
役職 貴族院議員
テンプレートを表示

梨本 徳彦(なしもと のりひこ、1922年大正11年)11月19日 - 2007年平成19年)2月7日)は、日本海軍軍人皇族華族位階従四位勲等勲一等爵位伯爵。最終階級は海軍大尉お印鳳凰[1]

梨本家(旧梨本宮家)前当主。皇族時代は徳彦王久邇宮家)といい、臣籍降下後に梨本伊都子梨本宮守正王妃)の養子となるまでは龍田 徳彦という。

生涯[編集]

1922年大正11年)11月19日久邇宮家多嘉王静子妃の第三王子として生まれる。1942年昭和17年)、海軍兵学校卒業第71期)。同期には野村実など。同年11月に貴族院皇族議員となる。

1943年(昭和18年)4月2日勲一等旭日桐花大綬章を受章。同年6月に旧皇室典範増補第1条に基づき、本人の情願により、一時金を賜って臣籍降下し、龍田伯爵家を創設する。これに伴い、貴族院皇族議員を失職した。昭和天皇より賜った「龍田」の家名は、近江国の久邇宮家旧領地にある龍田神社にちなんだものとされる。1945年(昭和20年)4月22日久邇宮朝融王第一女子の正子女王と結婚する。

終戦時は海軍大尉であった。戦後は松下電器産業東京丸物パルコの前身)などに勤務し、松下電器時代にはニュース映画で「はたらく貴族」と題して紹介された[2]。ただ旧皇族の肩書きを利用されることもあって不快だったという[1]1966年(昭和41年)に、夫婦揃って梨本宮守正王妃であった梨本伊都子の養子(夫婦養子)となって祭祀を継承する[3]。姪夫婦が梨本家の後継者となったことに、香淳皇后は大変喜んだという。しかし、妻の正子とは1980年(昭和55年)に調停離婚した。その後、同居していた愛人も病で倒れ、独り暮らしとなる。晩年には自らのお印に由来する「鳳凰会」の総裁となったが、金銭管理に関わるトラブルに巻き込まれていた[要出典]

2002年平成14年)11月、皇族と血縁関係の無い神林隆夫を養子に迎える[4]。なお、長男の龍田徳久は、両親の離婚後は徳彦と疎遠になったため、どのような経緯で養子縁組に至ったかは分からないと語っている[5]

2007年(平成19年)2月7日、死去。84歳没。

テレビ番組驚きももの木20世紀』の東久邇宮稔彦王を取り上げた番組に出演したことがある。

血縁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 小田部雄次『天皇と宮家-消えた十一宮家と孤立する天皇家』新人物往来社、2010年、259頁。
  2. ^ 日本ニュース戦後編第36号|NHK戦争証言アーカイブス
  3. ^ 夫婦養子のため、子女は龍田姓のままである。
  4. ^ 日本の巫女が宗廟祭礼に参加し論議に - 朝鮮日報
  5. ^ 週刊新潮』2006年2月23日号。

外部リンク[編集]

日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
龍田家初代
1943年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)