恒徳王妃光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恒徳王妃 光子
竹田宮
Prince Takeda Tsuneyoshi3.jpg
続柄 三条公輝第二女子

身位 王妃
敬称 殿下
出生 1915年11月6日
日本の旗 日本東京府東京市麻布区
(現:東京都港区六本木)三条公爵邸
死去 (2013-08-11) 2013年8月11日(97歳没)
配偶者 竹田宮恒徳王
子女 恒正王
素子女王
紀子女王
恒治王
竹田恒和
父親 三条公輝
母親 三条静子
テンプレートを表示

恒徳王妃光子(つねよしおうひ みつこ、1915年大正4年)11月6日 - 2013年平成25年)8月11日)は、日本旧皇族竹田宮恒徳王[1]公爵三条公輝の二女[1]。 母は、伯爵正親町実正の長女・静子。1947年(昭和22年)の皇籍離脱後の姓名は、竹田 光子(たけだ みつこ)。

人物・来歴[編集]

1934年(昭和9年)、後に陸軍参謀本部作戦課北方担当[2]となる竹田宮恒徳王と結婚し、恒正王、素子女王、紀子女王恒治王竹田恒和の3男2女をもうける。

1947年(昭和22年)10月14日、皇籍離脱し、以後は竹田光子と名乗る。

2013年(平成25年)、老衰のため97歳で逝去。

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録 第14版 上』サ149頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年1月17日閲覧。
  2. ^ 『大元帥昭和天皇』筑摩書房、2020年7月10日、194頁。
  3. ^ 『官報』第2207号「叙任及辞令」1934年5月14日、p.350。
  4. ^ 『官報』第2312号「日本赤十字社録事」日本赤十字社名誉社員推崇、有功章奏呈 1934年9月13日、p.319。
  5. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。
  6. ^ 『官報』第5200号「叙任及辞令」1944年5月18日、p.283。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]