竹田恆和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹田恒和から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹田 恆和
Tsunekazu Takeda 1964.jpg
1964年
個人情報
フルネーム Tsunekazu Takeda
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1947-11-01) 1947年11月1日(72歳)
日本の旗 日本東京都
スポーツ
競技 馬術競技

竹田 恆和(たけだ つねかず、1947年(昭和22年)11月1日 - )は、実業家日本オリンピック委員会(JOC)元会長(10期)。元国際オリンピック委員会委員。元2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長[1]国際馬術連盟名誉副会長(終身)、日本馬術連盟副会長。アジアオリンピック評議会副会長。1972年ミュンヘンオリンピック1976年モントリオールオリンピック馬術日本代表。旅行会社せとうちLTKトラベル(旧・LTKライゼビューロージャパン、東京都知事登録第2-7127号)代表取締役会長パーク24株式会社社外取締役東京都出身。

人物・来歴[編集]

出自[編集]

2016年東京五輪招致活動当時の竹田恒和(右から2人目が竹田、2009年8月8日)

旧皇族竹田宮恒徳王の三男。母は恒徳王妃光子。第125代天皇上皇明仁はとこにあたる。父の恒徳王は恆和の誕生直前の1947年(昭和22年)10月14日皇籍離脱を行ったため、戦前生まれの他の4人の兄姉と違い、恆和が皇族であった時期はない。

慶應義塾幼稚舎より慶應義塾に学び、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業する。

父は日本スケート連盟と日本馬術連盟の会長もしていたので、父に連れられてよく両方の大会の観戦に行っていた[2]。スポーツは何でも好きで、小さい頃からいろいろなスポーツに親しんでいた[2]

馬術の経験[編集]

父は騎兵将校の職業的軍人で馬に乗ってはいたが、恆和は実際に父の乗馬姿を見たことはなかった[2]。父から「馬をやれ」と言われたこともなかった[2]。馬を始めたのは小学校5年生のときである[2]。たまたま同級生が乗馬クラブに通っていて「僕も連れていってくれよ」と頼んだのが馬術を始めるきっかけだった[2]

中学生になったとき馬術部に入った[2]。3年生のときはラグビー部の選手が足りず、各部から足の速い選手が集められ、1年間ラグビー部のレギュラーもやっていた[2]。高校でもラグビー部に引っ張られたが、恆和は「馬術で行く」と決めていた[2]

オリンピックに出場[編集]

1972年(昭和47年)、ミュンヘンオリンピック日本代表として馬術の障害飛越競技に出場、乗馬はジョセフィンで、個人42位、団体16位であった。

1976年(昭和51年)、モントリオールオリンピック出場、乗馬はフィンク、個人39位、団体13位の記録を残した。

選手引退から後進の育成へ[編集]

選手を辞めたあと、「世話になった慶應大学の馬術部に恩返しがしたい」と考え、コーチ、監督を12年間務め、学生とともに過ごした[2]

その後のオリンピックでは、ロサンゼルスオリンピック日本選手団コーチ、バルセロナオリンピック日本選手団監督、シドニーオリンピック日本選手団本部役員(広報担当)、ソウルオリンピック日本選手団コーチとして携わった。

オリンピック委員会[編集]

1991年(平成3年)、日本オリンピック委員会(JOC)理事に就任[2]1992年(平成4年)、FEI理事に選出[2]1998年(平成10年)、FEI副会長に選出[2]

2001年(平成13年)、この年の9月9日に死去した八木祐四郎の跡継ぎで日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任した。2002年ソルトレークシティオリンピックでは、日本選手団団長を務め、2003年(平成15年)、2005年(平成17年)、2007年(平成19年)、2009年(平成21年)、2011年(平成23年)3月、2011年(平成23年)6月、2013年(平成25年)6月、2015年(平成25年)6月、2017年(平成27年)7月にJOC会長に再任され10期目[3]となり、また日本オリンピアンズ協会の名誉会長も務めている。

2012年(平成24年)3月、国際オリンピック委員会の理事会においてIOC委員への推薦が決まり、7月26日のIOC総会にて正式に委員に任命された[4]

東京五輪招致と贈収賄疑惑[編集]

2013年(平成25年)、竹田恆和は東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会理事長として、電通高橋治之らを中心とする国際オリンピック委員会(IOC)を巡り、後述のように汚職容疑で国際問題化するロビー活動の渦中にあった[5][6]

同年9月7日(現地時間)、国際オリンピック委員会(IOC)が、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪パラリンピックの開催都市として東京を選出した。東京では1964年以来56年ぶり2回目の五輪開催(2020年東京オリンピック2020年東京パラリンピック)となった。1972年札幌1998年長野冬季五輪を含めると、日本で4回目の五輪開催となる。

2014年9月29日2022年冬季オリンピックの立候補都市を調査する評価委員会のメンバーに、2018年冬季オリンピックに続いて選ばれた。

2018年12月、フランス捜査当局は東京五輪招致をめぐる贈収賄容疑で竹田を容疑者とする捜査の開始を決定した[7][8]。2019年3月、これを受けて「会長辞任は避けられない見通し」と報じられる[9]

2019年3月19日、6月の任期満了に伴い、日本オリンピック委員会(JOC)会長を退任すると表明した。国際オリンピック委員会(IOC)委員を辞任し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長・理事も退任した。

フランス検察捜査当局が収賄容疑で取り調べているラミン・ディアク(元世界陸連 (IAAF)会長、元国際オリンピック委員会 (IOC)委員、セネガル人)と、その息子パパマッサタ・ディアクや、その他主だったIOC委員への贈与を含めたロビー活動をしていた点は、高橋治之自身も認めた。しかし竹田は、JOCとIOCを辞職後に、高橋治之が主導するディアクに対するロビー活動を指示したこともなく、高橋がディアクに贈った「土産」についても認識していなかったと語った[10]

エピソード[編集]

明治天皇の曽孫に当たる旧宮家の出身だが、戦後の皇籍離脱後に誕生した竹田恆和は「兄2人は戸籍上“王”が付き、姉2人は“女王”が付くけど、僕は平民」と幼馴染に話していたという[11]

不祥事[編集]

交通死亡事故[編集]

1974年(昭和49年)に交通死亡事故を起こしている。同年10月22日、国体大会会場に向かうため自動車で走行していた茨城県内にて、竹田の運転する車が歩行者を轢く事故を起こし、事故に遭った22歳の女性が亡くなった[12]。遺族に補償することで決着した[11][13][14]。1億円の障害保険があったため示談で決着したという[11]。事故以来、ハンドルを握る機会はなくなり、妻や知人に任せるようになった[11]

家族・親族[編集]


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 評議員会を開催 組織委員会新理事を選任 一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 「スポーツ歴史の検証 オリンピアンかく語りき、第10回 馬術の名手、五輪への蹄跡 竹田恆和」151-165頁、聞き手・西田善夫、文・山本尚子、構成・写真・フォート・キシモト。
  3. ^ JOC竹田会長再任、10期目 強化本部長に山下氏毎日新聞社
  4. ^ 竹田氏がIOC委員に 日本で13人目、親子2代 産経新聞 2012年7月26日閲覧
  5. ^ 電通元専務に資金9億円弱 五輪招致でロイター報道” (日本語). 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2020年3月31日). 2020年6月25日閲覧。
  6. ^ 電通元専務に9億円 東京五輪招致、ロビー活動担当―ロイター通信” (日本語). 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年3月31日). 2020年6月25日閲覧。
  7. ^ JOC竹田会長を訴追手続き 仏当局、五輪招致汚職容疑 朝日新聞 2019年1月11日
  8. ^ JOC竹田会長を「起訴に向け捜査」…仏で報道 読売新聞 2019年1月11日
  9. ^ JOC竹田会長、退任不可避に 東京五輪の招致疑惑 共同通信2019年3月15日
  10. ^ Antoni Slodkowski、Nathan Layne、斎藤真理、宮崎亜巳 (2020年3月31日). “東京五輪招致で組織委理事に約9億円、汚職疑惑の人物にロビー活動も” (日本語). ロイター. ニューズウィーク日本版. 2020年7月31日閲覧。
  11. ^ a b c d 竹田恒和JOC会長 堕ちた旧皇族の暗部、『週刊文春』2019年1月31日号、136-139頁。
  12. ^ 中日新聞』1974年10月23日夕刊6面。
  13. ^ 河原敏明『天皇家の50年』p.264-265。
  14. ^ 「五輪馬術代表の竹田選手 女性はね死なす」1974年10月23日付の読売新聞夕刊。
  15. ^ PR会社を経て東京放送勤務
  16. ^ 語られなかった皇族たちの真実 223頁
  17. ^ 第1子が恒泰(長男)・第2子が恒俊(次男)・第3子が長女で学習院出身

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
八木祐四郎
日本オリンピック委員会会長
第15代:2001年 -2019年
次代:
山下泰裕