日本文化振興会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一般社団法人日本文化振興会(にほんぶんかしんこうかい)とは、1971年桟勝正により創設された民間の顕彰団体である。任意団体として創設され、有限会社組織を経て、2015年一般社団法人格を取得した。授与する社会文化功労賞は、俗に顕彰商法として知られている。

組織[編集]

1971年に桟勝正大阪市西区にて日本文化振興会を創立した。桟勝正が初代理事長に就任し、初代総裁に東久邇稔彦を迎えた。設立目的を「日本文化の振興推進によって、日本文化普及ならびに国際文化の向上を進め、国際親善と友好を目指すとする。」としている。

現在は総本部を東京都中央区銀座8-8-15 青柳ビル8階に置き、伏見博明が第5代総裁に就いている。総裁とは別に会長職が置かれ、現在は第11代目の八谷元が務める。

主業務[編集]

主たる業務の内容として顕彰制度を行っている。

その他、国際文化栄誉賞等の様々な名称の賞が存在し、それぞれの賞において記章を授与している。

歴代総裁[編集]

関連組織・団体[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]