東久邇征彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひがしくに まさひこ
東久邇 征彦
東久邇宮家紋.png
生誕 (1973-04-03) 1973年4月3日(48歳)
イギリスの旗 イギリスロンドン
国籍日本の旗 日本
東久邇信彦
東久邇吉子(旧姓: 島田)
親戚
東久邇盛厚(祖父)
東久邇成子(祖母)東久邇稔彦(曽祖父)
東久邇聡子(曽祖母)
昭和天皇(曽祖父)
香淳皇后(曾祖母)
明治天皇(高祖父、5世祖父)
園祥子(高祖母、5世祖母)
大正天皇(高祖父)
貞明皇后(高祖母)
家族男子2人[1]
補足
崇光天皇の父系19世子孫

東久邇 征彦(ひがしくに まさひこ、1973年昭和48年)4月3日 - )は、東久邇家の第4代当主(2019年3月20日 - )。旧皇族・東久邇信彦(皇籍離脱前は信彦王)の長男。崇光天皇の父系19世子孫で、母系で明治天皇昭和天皇の血も引く。

経歴[編集]

1973年(昭和48年)4月3日、イギリスの首都ロンドンの病院において、昭和天皇の初曾孫として誕生した[2]。誕生の直後、記者団へのお目見えが行われた[2]。学歴は慶應義塾卒業である。2021年(令和3年)9月現在、大手生命保険会社に勤務している。2019年、父の死により、東久邇家第4代当主となる。

系譜[編集]

既婚。具体的な家族構成は不明だが、その家庭には男子が2人いるという。

征彦 父:
信彦
祖父:
盛厚王
曾祖父:
稔彦王東久邇宮
曾祖母:
聡子内親王
祖母:
成子内親王
曾祖父:
昭和天皇
曾祖母:
香淳皇后
母:
東久邇吉子(旧姓:島田)
祖父:
島田二郎
曾祖父:
不詳
曾祖母:
不詳
祖母:
不詳
曾祖父:
不詳
曾祖母:
不詳

皇位継承有資格者の不足が指摘される中、東久邇家は旧宮家の中でも現皇室との血縁関係が最も濃厚であるため、皇籍復帰の有力候補として脚光を浴びている[1]

脚注[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
(1852-1912)
在位
1867-1912
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇
(1879-1926)
在位
1912-1926
竹田宮恒久王
(1882-1919)
 
昌子内親王
(1888-1940)
北白川宮成久王
(1887-1923)
 
房子内親王
(1890-1974)
朝香宮鳩彦王
(1887-1981)
 
允子内親王
(1891-1933)
東久邇宮稔彦王
(1887-1990)
 
聡子内親王
(1896-1978)
昭和天皇
(1901-1989)
在位
1926-1989
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇
(1901-1989)
在位
1926-1989
竹田恒徳
(1909-1992)
永久王
(1910-1940)
朝香孚彦
(1912-1994)
盛厚王
(1916-1969)
 
成子内親王
(1925-1961)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上皇
明仁

(1933-)
在位
1989-2019
 
竹田恒正
(1940-)
 
 
 
 
 
北白川道久
(1937-2018)
 
 
 
朝香誠彦
(1943-)
東久邇信彦
(1945-2019)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
徳仁

(1960-)
在位
2019-
 
 
竹田家
 
 
 
 
(男系断絶)
 
 
 
 
朝香家東久邇家