八条宮長仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
八条宮長仁親王
(はちじょうのみや おさひとしんのう)
八条宮(桂宮)
続柄 後西天皇の第 1皇子
身位 無品
親王
出生 明暦元年5月14日1655年6月18日
山城国
死去 延宝3年6月25日1675年8月16日
山城国
埋葬 不明
不明
配偶者 正室:不詳
子女 養子八条宮尚仁親王(第 5代八条宮(桂宮)
父親 実父:後西天皇(第111代天皇
養父:八条宮穏仁親王(第 3代 八条宮(桂宮)
母親 明子女王高松宮好仁親王の王女)
役職 中務卿
テンプレートを表示

八条宮長仁親王(はちじょうのみや おさひとしんのう、明暦元年5月14日1655年6月18日) - 延宝3年6月25日1675年8月16日))は、江戸時代前期の日本皇族。八条宮(桂宮)第 4代。後西天皇の第一皇子。母は女御明子女王高松宮好仁親王の王女)。幼称は一宮、若宮、倉宮、又は阿茶麿(あちゃまろ)。

寛文5年(1665年)10月八条宮穏仁親王が継嗣となる王子のないまま薨去したため、親王の継嗣として翌寛文6年(1666年)宮家を相続した。寛文9年(1669年親王宣下を受け、長仁と命名される。同年11月元服する。中務卿に任ぜられる。延宝3年(1675年)6月25日薨去。21歳。法名は、霊照院。