鵜飼一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鵜飼 一郎(うかい いちろう、1928年 - 2006年10月16日)は、日本政治家。元・愛知県春日井市長(4期)。同市名誉市民。

来歴[編集]

16歳で旧坂下町役場(1958年に春日井市に合併)に奉職。

1991年平成3年)2月から2006年(平成18年)5月までの4期15年に亘って、春日井市長を務めた。この間、愛知県市長会会長・東海市長会会長・全国市長会副会長なども歴任する。2006年(平成18年)1月5日心室細動で倒れ、その後入院を経て一時復帰するも体調が戻らず、同年4月に自ら市長の職を辞任。同年10月16日に死去。死後その功績を称えられ、同市の名誉市民に選ばれた。同年11月16日、市葬が執り行われた[1]

脚注[編集]

先代:
鈴木義男
Flag of Kasugai, Aichi.svg 春日井市長
1991年- 2006年
次代:
伊藤太