永瀬清子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永瀬 清子
誕生 永瀬 清[1]
(1906-02-17) 1906年2月17日
日本の旗 日本 岡山県赤磐郡豊田村(現・赤磐市
死没 (1995-02-17) 1995年2月17日(89歳没)
日本の旗 日本 岡山県岡山市
墓地 岡山県赤磐市
職業 詩人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 愛知県立第一高等女学校
プロジェクト:作家Portal:文学
テンプレートを表示

永瀬 清子(ながせ きよこ、1906年(明治39年)2月17日 - 1995年(平成7年)2月17日)は、日本詩人岡山県赤磐郡豊田村(現赤磐市)出身。幼年期は石川県金沢市で過ごす。愛知県立第一高等女学校(後の愛知県立明和高等学校)卒業。本名は永瀬 清

略歴[編集]

高等女学校在学中から佐藤惣之助に師事し、『詩之家』同人となる。1930年詩集『グレンデルの母親』を発表。1945年岡山県に帰り、農業に従事しながら詩作を行う。1949年第一回岡山県文化賞を受賞。1952年、詩誌『黄薔薇』を創刊。1987年『あけがたにくる人よ』で地球賞現代詩女流賞を受賞。

岡山家庭裁判所調停委員、「平和憲法を守る会」岡山代表委員、世界連邦都市岡山県協議会事務局長代理など社会活動も行い、1955年ニューデリーで開かれたアジア諸国民会議に出席、帰途中華人民共和国を視察した。

1995年2月17日、脳梗塞のため岡山済生会総合病院で死去[2]


作品[編集]

  • 『グレンデルの母親』歌人房 上田屋書店(発売)、1930
  • 『諸国の天女 詩集』河出書房、1942
  • 『自選詩集 星座の娘』目黒書店、1946
  • 『大いなる樹木』櫻井書店、1947
  • 『焔について 詩集』千代田書院、1950
  • 『女詩人の手帖 永瀬清子随筆集』日本文教出版、1952
  • 『山上の死者 永瀬清子詩集』日本未来派発行所、1954
  • 『薔薇詩集』的場書房、1958
  • 『アジアについて = Poems on Asia』黄薔薇社、1961
  • 『永瀬清子詩集』昭森社、1969
  • 『海は陸へと 永瀬清子詩集』思潮社、1972
  • 『短章集』思潮社、1974
  • 『短章集 /蝶のめいてい』思潮社、1977
  • 『短章集 /流れる髪』思潮社、1977
  • 『永瀬清子詩集』正続 思潮社、1979-1982
  • 『短章集 /焔に薪を』思潮社、1980
  • 『ひでちゃんのにっき』堀内誠一福音館書店 こどものとも、1981
  • 『かく逢った』編集工房ノア、1981
  • 『うぐいすの招き 日々の紀行』れんが書房新社、1983
  • 『私は地球 永瀬清子詩集』沖積舎 現代女流自選詩集叢書、1983
  • 『短章集 /彩りの雲』思潮社、1984
  • 『光っている窓』編集工房ノア ノア叢書、1984
  • 『ぼくと母さんのうた』井上忠絵 手帖舎、1987
  • 『あけがたにくる人よ』思潮社、1987
  • 卑弥呼よ卑弥呼』手帖舎 双書現代詩一千行、1990
  • 『永瀬清子詩集』思潮社 現代詩文庫、1990
  • 『すぎ去ればすべてなつかしい日々』福武書店、1990
  • 『春になればうぐいすと同じに』思潮社、1995
  • 『短章集 /蝶のめいてい 流れる髪』思潮社 詩の森文庫、2007
  • 『短章集 /焔に薪を 彩りの雲』思潮社 詩の森文庫、2008

共編著[編集]

  • 『港野喜代子選集 詩・童話・エッセイ』上野瞭共編 編集工房ノア、1981
  • 『私の来た道 人類の進歩と核兵器』近藤義郎共著 西日本法規出版 岡山歴史文化ブックレット 1985

関連書籍[編集]

  • 熊山町編集『詩人永瀬清子の生涯』熊山町、1998
  • 井坂洋子『永瀬清子』五柳書院 五柳叢書、2000
  • 井久保伊登子『女性史の中の永瀬清子』ドメス出版、2007-2009
  • 藤原菜穂子『永瀬清子とともに 『星座の娘』から『あけがたにくる人よ』まで』思潮社、2011

注と出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 20世紀日本人名事典『永瀬 清子』 - コトバンク
  2. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)166頁

参考文献[編集]

  • 『日本近代文学大事典』日本近代文学館編、講談社、1984年、[要ページ番号]ISBN 4-06-200927-7

関連項目[編集]

  • 詩人一覧
  • 宮沢賢治 - まだ知名度の低かった賢治が亡くなる直前の1933年8月、詩誌『麺麭』に賢治作品の評論「ノート」を発表。また、1934年2月に東京で開かれた「宮沢賢治友の会」に出席し、「雨ニモマケズ」が記された手帳が「発見」された場に居合わせ、後にそのときのことを「『雨ニモマケズ』の発見」という文章に記している。

外部リンク[編集]