松尾葉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松尾 葉子(まつお ようこ、1953年2月17日 - )は、愛知県出身の、日本のクラシック音楽指揮者

人物・来歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。愛知県立明和高等学校普通科卒業、お茶の水女子大学文教育学部音楽科卒業、東京藝術大学指揮科に入学、渡辺暁雄小林研一郎に師事して指揮を学ぶ。1979年卒業、大学院に進む。

1981年フランス留学、パリのエコールノルマル音楽院指揮科でピエール・デルヴォーに師事。1982年ブザンソン国際指揮者コンクールで女性として史上初、小澤征爾についで日本人二人目の優勝、一躍注目を集めた。同年帰国、デビュー。東海テレビ賞受賞。東京芸大指揮科講師。

1983年『若い芽のコンサート』でNHK交響楽団を指揮。以後、東京交響楽団読売日本交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団などを指揮、エイボン女性芸術賞受賞。1999年セントラル愛知交響楽団常任指揮者。2000年名古屋能楽堂で『ドン・ジョヴァンニ』を茂山千之丞演出により指揮、都市文化奨励賞を受賞。2017年愛知県芸術文化選奨を受賞[1]

女声合唱団マドンナ「かきつばた」ディレクター。アンサンブル・フォルテ指揮者。

著書[編集]

  • 『マドモアゼルがシェフだって 女性指揮者の青春エッセイ』かのう書房、1993 のち「指揮者にミューズが微笑えんだ」論創社
  • 『指揮者、この瞬間 夢はいつもファンタスティック』樹立社 2008

注釈[編集]

外部リンク[編集]