福永令三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福永 令三ふくなが れいぞう1928年12月25日 - 2012年11月19日)は、日本童話作家。愛知県名古屋市出身。静岡県熱海市在住。愛知県立明和高等学校を経て、早稲田大学文学部国文科卒業。

略歴[編集]

1956年に「赤い鴉」で、文藝春秋の(第9回)オール讀物新人賞受賞。

代表作は、1964年に第5回講談社児童文学新人賞を受賞した『クレヨン王国の十二か月』(1965年)。同書は、1980年に講談社・青い鳥文庫(ソフトカバー版)が発売されると共に人気作となり、『クレヨン王国』シリーズとして30冊を超える続編が執筆された。また、1997年には、シリーズのうち数冊を原作として、『夢のクレヨン王国』というタイトルでテレビアニメ化もされた。大学在学中は小説を1か月に原稿用紙千枚以上必ず書いていたという。

1968年から1991年まで、小学生を対象とした学習塾を経営する。2004年には日本児童文芸家協会から文化功労賞を受けた。

福永自らが審査委員長を務める福永令三児童文学賞が運営されている。

2012年11月19日肺炎のため死去[1]。満83歳没。

外部リンク[編集]

脚注[編集]