福和伸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福和 伸夫(ふくわ のぶお、1957年 - ) は、日本建築学者地震工学者、一級建築士名古屋大学教授。元日本地震工学会会長

人物・経歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ[1]愛知県立明和高等学校を経て[2]、1979年名古屋大学工学部建築学科卒業。1981年名古屋大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程前期課程修了、清水建設入社、原子力部。1982年一級建築士。1989年名古屋大学工学博士。1991年名古屋大学工学部建築学科助教授。1997年名古屋大学先端技術共同研究センター教授(環境・生命工学プロジェクト分野)。2001年名古屋大学大学院環境学研究科教授(都市環境学専攻 建築学系)[3]

2003年日本建築学会賞(論文)受賞。2007年科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)受賞、グッドデザイン賞新領域デザイン部門受賞。2008年日本建築学会教育賞(教育貢献)受賞、地域安全学会技術賞受賞。2009年名古屋大学大学院環境学研究科副研究科長。同年日本災害情報学会廣井賞(社会的功績分野)受賞。2012年名古屋大学減災連携研究センター長。2016年日本免震構造協会技術賞受賞[3]。2017年日本地震工学会会長[4]

著書[編集]

  • 『必ずくる震災で日本を終わらせないために。』時事通信出版局 2019年
  • 『耐震工学 : 教養から基礎・応用へ』(飛田潤, 平井敬と共著)講談社 2019年

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代:
目黒公郎
日本地震工学会会長
2017年 - 2019年
次代:
中埜良昭