内海善雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内海 善雄(うつみ よしお、1942年(昭和17年)8月14日 - )は、日本の郵政官僚。郵政審議官、国際電気通信連合事務総局長を歴任した。

略歴[編集]

  • 1942年 香川県高松市生まれ
  • 香川県立高松高等学校卒業
  • 東京大学法学部卒業
  • 1965年(昭和40年):株式会社東芝入社
  • 1966年(昭和41年):郵政省入省
  • 1972年(昭和47年):シカゴ大学大学院政治学部修士課程修了 MA
  • 1977年(昭和52年):外務省在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官
  • 1988年(昭和63年):郵政省放送行政局総務課長
  • 1989年(平成元年):同大臣官房文書課長
  • 1990年(平成2年):同大臣官房審議官
  • 1991年(平成3年):同通信政策局次長
  • 1993年(平成5年):同大臣官房国際部長
  • 1995年(平成8年):同総務審議官
  • 1996年(平成9年):同郵務局長
  • 1997年(平成10年):同郵政審議官
  • 1999年(平成11年):国際電気通信連合事務総局長
  • 2007年(平成19年):トヨタ自動車株式会社顧問、株式会社トヨタIT開発センター最高顧問
  • 2008年 JTEC(一般財団法人) 通信・放送コンサルティング協力 理事長
  • 2012年 九州電力 監査役

その他役職[編集]

表彰[編集]

  • 早稲田大学名誉博士
  • ドミニカ共和国銀製十字勲章
  • ジュネーブ州名誉ブルジョワジー
  • 前島密賞
  • 情報通信月間 総務大臣賞
  • 情報通信学会 名誉員
  • IEEE 名誉会員
  • 瑞宝大綬章(2013年4月)

主な著作[編集]

  • 「勝つための国際交渉術」 2006年 日刊工業新聞社
  • 「国連という錯覚」 2008年 日本経済新聞出版社
  • 「「お辞儀」と「すり足」はなぜ笑われる」2010年 日本経済新聞出版社 
  • 「翻れ!日本のITC産業ーディジタル革命三十年の証言」 2013年 情報通信振興会

主な業績[編集]

郵政省時代 通信の自由化の際の担当課長、第2種通信事業自由化の実現

ITU事務総局長時代 IP電話に対する国際合意の実現 国連情報社会サミット(WSIS) の開催 インターネット管理(ICANN)の国際化

外部リンク[編集]