小松倍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小松倍一

小松 倍一(こまつ ばいいち、1873年明治6年)9月15日[1] - 没年不詳)は、日本教育者

経歴[編集]

長野県東筑摩郡片丘村(現在の塩尻市)出身[1]1899年(明治32年)、東京帝国大学文科大学史学科を卒業[2]岐阜県大垣中学校教諭、山口県立豊浦中学校教諭、静岡県立掛川中学校校長、石川県立金沢第一中学校校長、福岡県立中学校修猷館校長、第五高等学校教授、松江高等学校校長、第六高等学校校長、水戸高等学校校長を歴任[2]1931年(昭和6年)に第四高等学校校長に就任した[2]

1937年(昭和12年)に退官した後は、東洋高等女学校校長を務めた[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第14版』 帝国秘密探偵社、1942年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(上)』 人事興信所、1941年