中川善之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東北大学の中善並木。大学祭に協力した中川に感謝して学生が名付けた(2006年4月)

中川 善之助(なかがわ ぜんのすけ、1897年11月18日 - 1975年3月20日 )は、日本法学者東北大学名誉教授金沢大学名誉教授。正三位勲一等瑞宝章。銀杯一組。東京府(現・東京都)生まれ。

略歴[編集]

研究[編集]

社会活動[編集]

  • 1960年に宮城県児童福祉審議会委員長を務めていたが、宮城県の青少年条例の制定に反対し、宮城県が青少年条例を制定した際に、審議会に辞表を提出した[3]
この件に関し、朝日新聞1960年4月12日(夕刊)で、中川教授は、「青少年問題は社会的、政治的に実質的な手が打たれなければ解決しない。うわっつらのものだけを条例でしばってもなんにもならない。現に(青少年条例を)制定した県の統計でも、その後少年犯罪はちっとも減っていないではないか。いかつい条例を作ることは、むしろ若者を反発させ、逆効果だ。・・・実際家は青少年対策に自信を失い、おぼれる者はワラをもつかむ気持ちで条例をほしがるのだろう。しかし、実際には、ワラにもならない。」と述べている。

著書[編集]

門下生[編集]

森泉章(青山学院大学名誉教授)、島津一郎(一橋大学名誉教授)、泉久雄(専修大学名誉教授)、山畠正男(北海道大学名誉教授)、深谷松男(金沢大学名誉教授)等多数。

家族・親族[編集]

次女は化学者坪井正道地球科学者文化功労者坪井誠太郎の長男)に嫁いだ[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 内田貴『民法IV 補訂版 親族・相続』(東京大学出版会、2004年)4頁、林屋禮二「中川先生と仙台法経専門学校」
  2. ^ 内田貴『民法IV 補訂版 親族・相続』(東京大学出版会、2004年)4頁、林屋禮二「中川先生と仙台法経専門学校」
  3. ^ 奥平康弘『青少年保護条例・公安条例学陽書房1981年ISBN 9784313220072 16頁
  4. ^ 『第45版 人事興信録』 つ - 55頁 興信データ 2009年1月26日発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]