那珂通世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
那珂通世
Naka Michiyo.jpg
肖像
生誕 1851年2月6日
日本の旗 日本陸奥国盛岡
死没 (1908-03-02) 1908年3月2日(57歳没)
日本の旗 日本東京府
国籍 日本の旗 日本
研究分野 日本史東洋学
研究機関 東京帝国大学第一高等学校東京高等師範学校
出身校 慶應義塾別科
主な業績 亜細亜研究、歴史教育
主な受賞歴 従四位勲四等1908年
プロジェクト:人物伝

那珂 通世(なか みちよ、嘉永4年1月6日1851年2月6日) - 明治41年(1908年3月2日)は、南部藩出身の明治時代歴史学者文学博士東洋史の概念を初めて生んだといわれる。

生涯[編集]

盛岡藩藩士・藤村盛徳の三男として生まれる。幼名を荘次郎と言った。藩校で優れた成績を修めたため、14歳の時に藩校・作人館の句読師であった漢学者・江帾通高(梧楼)から乞われて江帾家の養子に入る。藩主・南部利恭近侍となり、養父が「那珂」と改姓したのに伴って、「那珂通世」を名乗った。戊辰戦争における敗戦を経験し、江戸の越前藩邸に預けられる。

明治維新後、福澤諭吉書生となって、明治5年(1872年)に慶應義塾別科に入学して学び、明治9年(1876年)、26歳の時に、「日本古代文字考」を『洋々社談』に発表する。慶應義塾別科を卒業後、福澤諭吉の推薦で師範学校中学校巴城学舎などの教師を務め、後に千葉師範学校東京女子師範学校の校長も務めて女子教育に尽力した。後に明治33年(1900年)に従五位勲五等高等官三等となり、第一高等学校東京高等師範学校の教授となり、1896年東京帝国大学文科大学の講師も兼ねる。その間にも日本・朝鮮・中国の歴史における実証的な研究を多く発表した。

明治34年(1901年)、文学博士の学位を受ける。代表的な著作としては中国史の通史である『支那通史』(1888年-1890年、未完であるが、簡易かつ客観的であったことから中国でも読まれた、岩波文庫全3巻)や、1897年、「辛酉革命説」に基づいて日本の紀年問題を研究した「上世年紀考」(『史学雑誌』発表、三品影英増補『上世年紀考』所収)がある(皇紀を定めるにあたって神武天皇の即位年を計算し紀元節を定めるのに協力した。神武天皇即位紀元を参照)。また、『元朝秘史』を『成吉思汗実録』の題で邦訳して日本に紹介した。

明治35年(1902年)に国語調査委員を命ぜられ、浄土宗大学仏教地理講師嘱託。明治38年(1905年)から明治39年(1906年)まで清国満州韓国を視察。語学、文学、歴史、地理、法律、経済、産業、社会、統計、調査など、幅広い分野を広く研究し、満州語モンゴル語を修得した。東洋学の創設者となった後は、元史の大家となり日本史の紀年にも大きな影響を与えた。

明治41年(1908年)に心臓発作のため死去[1]従四位勲四等に叙す。

また、同じ盛岡藩出身の内藤湖南とは親しく、白鳥庫吉は中学教師時代の教え子である。栃木県日光市華厳滝で「巌頭之感」を書き残して投身自殺した藤村操は甥である。

栄典[編集]

伝記資料[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)20頁
  2. ^ 『官報』第2534号「叙任及辞令」1891年12月9日。
  3. ^ 『官報』第4421号「叙任及辞令」1898年3月31日。
  4. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  5. ^ 『官報』第7403号「叙任及辞令」1908年3月4日。